[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子ツアー初参戦、韓国人選手が感じる適応への難しさとは

韓国人選手を始め、多くの海外選手がプレーする日本女子ツアー。今季は菊地絵理香がTポイントレディスで自身通算3勝目を挙げ、日本勢の連敗ワースト記録を「8」で止めたことが話題になったが、それほど日本ツアーという場所

ユン・チェヨン&イ・ミニョンが語る日本適応の難しさ

 韓国人選手を始め、多くの海外選手がプレーする日本女子ツアー。今季は菊地絵理香がTポイントレディスで自身通算3勝目を挙げ、日本勢の連敗ワースト記録を「8」で止めたことが話題になったが、それほど日本ツアーという場所は、外国勢にとって“たやすい”場所なのだろうか――。

 決してそうではない。そもそも、勝負の世界はそこまで甘くはない。2010年に韓国ツアーで賞金女王となり、11年から日本ツアーに参戦しているイ・ボミも、1年目は優勝できずに終わっている。韓国ツアー11、12年賞金女王の実績を引っ提げて来日したキム・ハヌルも、日本1年目の13年は9月に初優勝を手に入れるまで、トップ10入りは一度だけで、予選落ちや棄権した試合もあった。

 韓国人選手にとって、日本は距離的にも近く、時差もないが、慣れるまでにはやはり時間がかかる。

 今季から日本ツアーに参戦している“8頭身美女ゴルファー”のユン・チェヨン。韓国ツアー通算1勝で、今年30歳になる彼女の日本挑戦は、実績からしてそこまで容易でないことは、ある程度想像がつく。

 開幕戦から4試合の結果(ダイキンオーキッドレディス46位タイ、ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ予選落ち、Tポイントレディス28位タイ、アクサレディスゴルフトーナメント17位タイ)を見ても、難しい戦いを強いられているようだ。ユンに日本ツアーに適応するために必要なことは何かを聞いた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集