[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、2時間44分熱戦を海外メディアも速報「名勝負生き延びた」

男子テニスの世界ランク4位・錦織圭(日清食品)がマイアミオープン3回戦で同30位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に7-6、6-7、6-1で勝利し、4回戦進出を果たした。海外メディアは2時間44分の熱戦の末の勝利に「名勝負を生き延びた」「マラソンで生き残った」と報じた。

初のマスターズ制覇へ、マイアミOP3回戦突破

 男子テニスの世界ランク4位・錦織圭(日清食品)がマイアミオープン3回戦で同30位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に7-6、6-7、6-1で勝利し、4回戦進出を果たした。海外メディアは2時間44分の熱戦の末の勝利に「名勝負を生き延びた」「マラソンで生き残った」と報じた。

 格下ながら過去の対戦成績で2勝2敗の五分だった相手に苦戦を強いられた錦織。それでも1-1で迎えた最終セットで相手を圧倒した。

 この勝利に、オーストラリア地元紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」電子版は「ニシコリはフェルナンド・ベルダスコとの名勝負を生き延び、ミロシュ・ラオニッチは棄権する」と速報。錦織が計48本のアンフォーストエラーを犯した様子をレポートしつつ、世界5位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が同95位のジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)との3回戦を棄権したことも伝えた。

 一方、ATP公式サイトは「ニシコリはマイアミでのマラソンでベルダスコ戦を生き残る」と特集。2時間44分の死闘をくぐり抜けた錦織がマスターズ通算19勝6敗となったことを伝えた。錦織は記事の中で「タフな試合になると思っていた。フェルナンドはすごく堅固な選手。素晴らしいサーブと素晴らしいストロークの持ち主。長いラリーになると覚悟していた」と語り、「間違いなく長い試合でした。3セット目は簡単ではなかった。明日はオフなので、僕は大丈夫だと思います」と体力の回復に自信をのぞかせている。

 マスターズで初のタイトルを狙う錦織は4回戦で57位のフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)と対戦する。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集