[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

甲子園で清宮幸太郎にHR浴びた球児は今 野木海翔、25歳 153km剛腕のNPBラストチャンス

10月20日に行われるプロ野球ドラフト会議で、異例の10年連続指名がかかる独立リーグ球団がある。四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックス。多くの名門大学、社会人チームを凌ぐ、驚異のNPB輩出率を誇るチームには、今年も多くの原石が揃う。「THE ANSWER」はその中から、注目選手4人をピックアップ。第3回は野木海翔投手。最速153キロの剛腕リリーバーはチーム最年長の25歳、ラストチャンスという「10.20」に懸ける想いを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

最速153キロの剛腕リリーバー、チーム最年長の25歳・野木海翔【写真:徳島インディゴソックス提供】
最速153キロの剛腕リリーバー、チーム最年長の25歳・野木海翔【写真:徳島インディゴソックス提供】

徳島インディゴソックス NPBドラフト注目選手特集第3回・野木海翔投手

 10月20日に行われるプロ野球ドラフト会議で、異例の10年連続指名がかかる独立リーグ球団がある。四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックス。多くの名門大学、社会人チームを凌ぐ、驚異のNPB輩出率を誇るチームには、今年も多くの原石が揃う。「THE ANSWER」はその中から、注目選手4人をピックアップ。第3回は野木海翔投手。最速153キロの剛腕リリーバーはチーム最年長の25歳、ラストチャンスという「10.20」に懸ける想いを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 低く、一塁手の頭のすぐ上に飛んだはずの白球が、右翼フェンスを越えた。

 騒然とする3万人の大観衆。ストライプをまとった背番号11は、呆然と着弾地点を目で追った。しばし俯き、やがて向き直る。その視線の先で、胸に「WASEDA」とあるユニホームを着た1年生がニヤリと笑って三塁ベースを蹴り、ホームベースを踏んだ。

 18歳を迎える夏。甲子園で忘れられない1球の記憶を刻まれた青年は、この夏、25歳になっていた。

 野球人にとって、7年という歳月は無垢に追っていた夢に冷徹なリミットを与える。

「年齢的に、本当にラストチャンス。NPBに懸ける想いは誰よりも強いと思っている。この2か月で人生が変わる。本当にすべてを懸けて、練習から挑んでいます」

 野木海翔は、決意を込めた表情で「10.20」への想いを口にした。

 182センチ、90キロから繰り出す最速は153キロを誇る。オリックス・山本由伸、メッツのジェイコブ・デグロムの直球に「凄い」と憧れる剛腕リリーバー。毎年、ドラフト指名選手を輩出する徳島において、圧倒的な奪三振率を誇る注目株だ。当然、NPBのスカウト陣の視線も熱い。

 徳島にやってきたのは、NPBを目指すため。

 東都大学リーグの強豪・東洋大から社会人野球のミキハウスに入社。高校、大学で全国を経験し、アマ球界ではエリートともいえる道を歩んだが、昨年の都市対抗に出場した翌8月に退社を決断。独立リーグ出身の知人に「スカウトの注目が段違い」と助言されたことに心が揺れた。

「自分の力でスカウトを呼べるのが理想だけど、まずは見てもらえる環境を重要視しました。今の実力を評価してもらえれば、そこからどうすべきか課題も見えてくる。まず今の自分の評価を知りたくて、徳島に来ました」

 決断を尊重してくれたミキハウスへの感謝を携え、瀬戸内海を渡った。環境は過酷だった。社会人時代は寮生活で食事も用意され、給与も安定。しかし、徳島は成果報酬制。食べるためには結果が必要だった。食事も自炊。それでも「安定が欲しくて、野球をやっているわけではない」と意に介さなかった。

 むしろ、野球に専念できる環境が喜びだった。以前は週5日で社業。月曜は9~18時、火曜~金曜は9~13時まで。ミキハウスの各店舗に商品を贈るための梱包作業が主な業務。ベビー服から、おもちゃ、成人服まで。野球との両立は負担も少なくない。だからこそ「もっと野球、野球という脳にしたかった」。

 覚悟の深さだけ、大きく伸びた。全国の独立リーグでもハイレベルな原石が揃う徳島で切磋琢磨し、1年足らずで151キロだった最速も2キロ増。リーグ戦は毎試合のようにスカウトが視察し、NPB球団ファームとの交流戦もある。野木の評判はスカウトの間にも広がり、一躍、ドラフト戦線に浮上した。

 その野球人生には、今も脳裏に焼き付く夏がある。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集