[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平28号に敵地記者も唖然 11勝→21時間後の一撃「MVPじゃないなんてあり得る?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で先発。7回の第4打席で10試合ぶりの28号2ランを放つなど、4打数3安打2打点1四球と猛打賞を記録した。前日の試合で投手として11勝目をマークしてから、約21時間後の本塁打に敵地記者も唖然。「この男がMVPじゃないなんてあり得るのか?」などと反応していた。

7回の第4打席で10試合ぶりの28号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
7回の第4打席で10試合ぶりの28号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ブルージェイズ戦に「3番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で先発。7回の第4打席で10試合ぶりの28号2ランを放つなど、4打数3安打2打点1四球と猛打賞を記録した。前日の試合で投手として11勝目をマークしてから、約21時間後の本塁打に敵地記者も唖然。「この男がMVPじゃないなんてあり得るのか?」などと反応していた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 前日のブルージェイズ戦で11勝目をマークしてから約21時間後、今度は打者として敵地ファンを静まり返らせた。3点リードの7回2死二塁。大谷は左腕メイザのシンカーを逆らわずにレフト方向へ。打球はフェンスを悠々と越える28号2ランとなった。これで猛打賞。8-3で勝ったチームの3連勝に貢献した。

 前日は7回2安打無失点と投手で躍動。投打の活躍にツイッター上の米記者も驚いていた。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「オオタニは昨日、トロントを相手に7回無失点の投球でマウンドを支配した。そして今日、28号を含む3安打。彼は本当に異常な存在だ」と記した。

 また敵地記者も大谷の一発に反応。カナダ地元紙「トロント・スター」のコラムニストであるマイク・ウィルナー氏は「オオタニがメイザをとらえた。28号で6-1。この男がMVPじゃないなんてあり得るのか?」と唖然とした様子。MLB公式サイトのブルージェイズ番キーガン・マシソン記者も「オオタニが逆方向に2ラン。これでブルージェイズはスイープが目前」とダメ押しの一発を伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集