[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

周囲の批判は「どうでもいい」 稲本潤一が力説、W杯に挑む日本代表に伝えたいこと

2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

稲本潤一にとって3度目の出場となった2010年南アフリカW杯、サブ組の1人としてベスト16進出に貢献した【写真:Getty Images】
稲本潤一にとって3度目の出場となった2010年南アフリカW杯、サブ組の1人としてベスト16進出に貢献した【写真:Getty Images】

「日韓W杯、20年後のレガシー」#17 稲本潤一の回顧録・第4回

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ベルギー戦とロシア戦の2ゴールによって、国民的ヒーローとなった稲本潤一(現・南葛SC)が、20年が経った今の想いを語る「回顧録」の最終回。トルコ戦に敗れた直後、「何回でもW杯の舞台に立ちたい」との想いが去来した稲本は、その後2006年、10年大会にも出場する。3大会を経験したからこそ見えた、日本が世界で勝つために必要なこと、そして今年行われるカタールW杯に挑む選手たちへエールを送った。(取材・文=佐藤 俊)

 ◇ ◇ ◇

 日韓W杯、決勝トーナメント1回戦のトルコ戦、日本は1点をリードされ、終盤を迎えていた。稲本潤一は4試合連続で先発出場したが、ハーフタイムで交代となり、ベンチで戦況を見守っていた。

「試合前は、トルコ相手にいけるやろっていう雰囲気がありました。FIFAランキングや力関係でも負けていないし、『ベルギーやロシアと何が違うの?』っていう感じだった。でも、実際に戦ってみると、最後の局面では強いし、決勝トーナメントに上がってきただけのチームやなと思いましたね」

 トルコは前半12分、セットプレーのワンチャンスを生かして得点した。日本はチャンスこそ作るものの、なかなかゴールを奪えない。そして、そのまま無得点でトルコに敗れ、日韓W杯の戦いはベスト16で幕を下ろした。

「なんかモヤモヤが消えない試合でしたね。完全に力負けしたとかではないと思うんです。細かいところの差が最後に出たかなと思いますけど、それにしてもあっけなく終わったなという感じで……もったいなかったかなと思います」

 トルコ戦を終えた時、稲本自身の胸に去来したのは、どんな想いだったのだろうか。

「すぐに次も、また出たいと思いました。点を取って満足した部分もあるけど、最後の2試合は途中で代えられて悔しい思いをしているんで。点を取ったことで世界的な知名度は間違いなく上がったし、そのゴールがフルハムへの移籍につながった。改めてワールドカップの持つ影響力の大きさとか、凄さとか理解できたから、何回でもあの舞台に立ちたいと思いました」

1 2 3

佐藤 俊

1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集