[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のドラマを超えたドラマ 怪物にしか描けない「12R死闘→264秒殺」の筋書き

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。4団体統一の偉業に王手をかけた裏で、陣営の大橋秀行会長ら関係者が抱えていたのは「不安」。しかし、そんな周囲の想いはモンスターにしか描けない筋書きに吹き飛ばされた。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)7敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

ノニト・ドネア(手前)に猛攻を仕掛け、2回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネア(手前)に猛攻を仕掛け、2回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。4団体統一の偉業に王手をかけた裏で、陣営の大橋秀行会長ら関係者が抱えていたのは「不安」。しかし、そんな周囲の想いはモンスターにしか描けない筋書きに吹き飛ばされた。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)7敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 井上の「ベストバウト」が更新された。1万7000人の息が詰まった緊張感。決戦のリングに登場した両雄に大歓声が突き刺さった。初回のゴングが鳴り、ドネアが繰り出したのは左フック。代名詞を右目付近に受けた。「効いてはいない。引き締まった」。骨折させられた前戦のようにはさせない。「当て返してやる」。残り10秒でエンジンをフルスロットルにした。

 右ストレートが左テンプルを貫いた。39歳の生きる伝説はたまらずダウン。立ち上がったが、再開直後に初回終了で助けられた。

 1分間のインターバル。井上はセコンドの父・真吾トレーナーに「行かない」と様子を見る作戦を伝えた。「初回終了間際のダウン。ドネアにどれだけダメージが残っているかわからない」。早期KOを期待する観衆をよそに、自分に言い聞かせるように冷静さを保とうと努めた。しかし、モンスターの本能は抑えられない。

 左フックでダメージを与え、ロープ際で猛攻。「まだドネアのパンチは生きている」。一発で形勢逆転を試みる相手に再び左フックを入れ、ぐらりと膝を折らせた。連打でコーナーに追いつめ、とどめの一発も左フック。2度目のダウンを奪い、ライバルを大の字に倒した。完全決着だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集