[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アストロズ投手がまた退場 故意死球か否か巡り両軍エキサイト「明白だ」「腹が立つ」

6日(日本時間7日)に行われた米大リーグ・アストロズ―マリナーズの試合で、9回に両軍監督を含む4人が退場となる事態が発生した。アストロズのエクトル・ネリス投手が死球を与えたことで両軍がエキサイト。その後、ネリスは別の打者に頭部付近への危険なボールを投げたことで退場となった。アストロズは2戦連続で9回に投げた投手が退場に。「究極の喧嘩」「アストロズがまたやった」などと米ファンも反応している。

退場となったエクトル・ネリス【写真:ロイター】
退場となったエクトル・ネリス【写真:ロイター】

マリナーズのフランスに死球後、両軍がエキサイト

 6日(日本時間7日)に行われた米大リーグ・アストロズ―マリナーズの試合で、9回に両軍監督を含む4人が退場となる事態が発生した。アストロズのエクトル・ネリス投手が死球を与えたことで両軍がエキサイト。その後、ネリスは別の打者に頭部付近への危険なボールを投げたことで退場となった。アストロズは2戦連続で9回に投げた投手が退場に。「究極の喧嘩」「アストロズがまたやった」などと米ファンも反応している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 アストロズが1点を追う9回2死の守備。マウンド上のネリスが、マリナーズの打者タイ・フランスに死球を与えた。背中に直撃したボールにマリナーズのスコット・サービス監督は怒り、呼応したアストロズベンチと言い争いに。両軍が本塁付近へ集結し、乱闘とまではいかないものの緊張感が走る一幕となった。

 事態はこれで収まらない。ネリスは続く打者フリオ・ロドリゲスに2ランを被弾。4-7とリードを広げられ、さらに2死一塁となったところでユジニオ・スアレスの頭部付近へ94マイル(約151.2キロ)を投げた。スアレスには当たらず、暴投となったが、審判団がここで協議。ネリスを退場処分にした。

 結局この一戦では、9回に両軍監督を含む4人が退場に。試合後、サービス監督は「相手はフランスの背中に投げた。明らかだった。最高の打者がそこにいて、9回2死。初球を彼に投げたんだ。明白だったよ」と死球が故意だと主張している。しかしアストロズのダスティ・ベイカー監督は「ネリスはフランスに故意に投げていない。それは明らか。私はこの話をしたくないし、腹を立てている」とコメント。両者の意見は食い違った。

 米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターがこの一部始終を動画で公開。すると米ファンからは「ストレスがたまっているのかな」「典型的なMLBの乱闘」「マリナーズがエキサイトしたの初めて見たかもしれない」「アストロズの故意以外考えられない」「アストロズは古い体質の組織だ」「究極の喧嘩」「アストロズがまたやった」などの声が寄せられている。

 アストロズは前日5日(同6日)のロイヤルズ戦でも、9回に守護神ライアン・プレスリーが内角への厳しい投球をきっかけに退場処分となっている。両軍に後味の悪さが残ったこの試合は、アストロズが4-7で敗れている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集