[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太VSゴロフキンの成果は「想定以上」 Amazonプライム・ビデオのスポーツ界への挑戦

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBC世界同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)の3団体統一戦が7日にさいたまスーパーアリーナで行われる。「モンスター」の異名を取り、世界のボクシングシーンで注目される井上の試合を独占ライブ配信するのが、動画配信サービス大手「Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ」だ。4月に「日本ボクシング史上最大のビッグマッチ」と謳われた村田諒太(帝拳)とゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)のWBAスーパー&IBF世界ミドル級王座統一戦でスポーツのライブ配信に初参戦。独占配信し、スポーツビジネスの世界で強いインパクトを残した。

WBAスーパー&IBF世界ミドル級王座統一戦・村田諒太VSゲンナジー・ゴロフキンは「Amazon プライム・ビデオ」スポーツライブ配信第1弾として独占配信された【写真:荒川祐史】
WBAスーパー&IBF世界ミドル級王座統一戦・村田諒太VSゲンナジー・ゴロフキンは「Amazon プライム・ビデオ」スポーツライブ配信第1弾として独占配信された【写真:荒川祐史】

プライム・ビデオ ジャパンカントリーマネージャー児玉隆志氏インタビュー第1回

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBC世界同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)の3団体統一戦が7日にさいたまスーパーアリーナで行われる。「モンスター」の異名を取り、世界のボクシングシーンで注目される井上の試合を独占ライブ配信するのが、動画配信サービス大手「Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ」だ。4月に「日本ボクシング史上最大のビッグマッチ」と謳われた村田諒太(帝拳)とゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)のWBAスーパー&IBF世界ミドル級王座統一戦でスポーツのライブ配信に初参戦。独占配信し、スポーツビジネスの世界で強いインパクトを残した。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 映画、ドラマ、バラエティ、アニメなどを視聴できるサービスとして国内で圧倒的会員数を誇る同社。なぜ、「スポーツのライブ配信」という新たな領域に打って出たのか。そして、近年加速する「スポーツの有料配信」の未来はどうなるのか。日本における映像コンテンツ製作と買い付けの責任者を務めるプライム・ビデオのジャパンカントリーマネージャー児玉隆志氏が「THE ANSWER」に語った。全3回で掲載するインタビュー第1回は「Amazon プライム・ビデオ」がスポーツ界に参入した理由について。なかでも、数ある競技からボクシングを選び、配信するまで、実に2年に及んだ舞台裏を明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 世代を問わず、認知される「Amazon プライム・ビデオ」がついにスポーツ界に参入した。

 4月9日、さいたまスーパーアリーナで行われたボクシングの村田―ゴロフキン戦。五輪金メダリストとなった王者が、世界的にスター選手が揃うミドル級戦線で、21世紀のボクシング界レジェンドと日本のリングで激突――。報道によれば、推定20億円という前例のない興行で、村田は中盤まで善戦。9回2分11秒TKOで敗れたものの、ボクシングの魅力が凝縮された試合は観る者の心を揺さぶった。そして、この夢舞台を日本国内で中継したのが「Amazon プライム・ビデオ」である。

 試合後、サービス内のカスタマーレビューで500件近い反応あり、5段階で「3.9」の高い評価がつけられた。

「やはり、お客様が喜んでいただけるかどうかが一番ですから。村田選手をはじめ(当日の興行の)試合が素晴らしかったという評価はもちろん、我々としては動画配信のわりには映像が滑らかに動いていたという評価を得られたことは大きかった。加えて、サービスサイドの立場からしても、つま先立ちの高い目標を設定するAmazonのカルチャーの中で、目標以上の視聴者数、新規加入者という成果を出せた。これから、スポーツを手掛けていく上で凄く意味のある第1回でした」

 ビジネス領域の責任者として奔走した児玉氏は、そう振り返る。

 興行が発表されたのは、昨年11月12日。当初12月29日に予定されていた試合は、オミクロン株の感染拡大の時期と重なり延期に。その期間も含めた5か月、PRに社を挙げて力を注いできたが、想定以上だった成功の理由は、それだけではないと感じている。

「村田選手とゴロフキン選手、2人のこの試合に懸ける想いが伝わったのではないでしょうか。ボクシング界はコロナで長らく試合が組めず、村田選手は2年以上も空いた。今回の試合も4か月ずれ込みながら、2人はつらいトレーニング、体調管理を続け、ゴロフキン選手は日本にいつ入ってこられるか分からないにも関わらず、待って試合をやろうと思ってくれた。そういう選手の心理は観る人に伝わるもの。我々もゴロフキン選手が待ってくれたことは、心から嬉しかったです」

 相手は試合ごとに数十億円の金額が動くメガスター。本場・米国を中心に、ビジネスのターゲットにされるのは当然のこと。「試合がこのまま流れてしまうのではないか」という不安もあった。しかし、多くの情熱によって、26分11秒のドラマが生まれた。

 では、なぜ「Amazon プライム・ビデオ」のスポーツライブ配信第1弾として、あまたある競技からボクシングを選んだのか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集