[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子は「いつ優勝しても驚かない」 取材歴20年の米記者が語る最大の魅力とは

米女子プロゴルフの今季メジャー第2戦、全米女子オープンは2日(日本時間3日)から4日間、ノースカロライナ州パインニードルズGC(6638ヤード、パー71)で行われる。日本の国内ツアーに出場するため一時帰国していた渋野日向子(サントリー)は、約1か月ぶりの米ツアーで今季初勝利を目指す。

取材歴20年の米記者が語る渋野日向子の最大の魅力とは【写真:Getty Images】
取材歴20年の米記者が語る渋野日向子の最大の魅力とは【写真:Getty Images】

全米女子オープンがいよいよ開幕、米記者が見た渋野「ロレーナと似ています」

 米女子プロゴルフの今季メジャー第2戦、全米女子オープンは2日(日本時間3日)から4日間、ノースカロライナ州パインニードルズGC(6638ヤード、パー71)で行われる。日本の国内ツアーに出場するため一時帰国していた渋野日向子(サントリー)は、約1か月ぶりの米ツアーで今季初勝利を目指す。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 渋野は昨年12月の米ツアー最終予選会を20位で通過し、今季からツアー本格参戦。ここまで7試合に出場し、3大会でトップ10入りし、予選落ちは1度だけ。メジャーのシェブロン選手権では2日目に首位に立ち、4位につけるなど大舞台での強さは健在。上々の滑り出しを見せている渋野のここまでの戦いぶりを、現地メディアはどう見ているのか。

 米女子ゴルフツアー取材歴20年の「Golfweek」記者、ベス・アン・ニコルズさんは「前途洋々だと思います。幸先良くスタートを切ったように見えます。今シーズン、いつ優勝しても誰も驚きません。シード権を持って臨んでいることで精神的に落ち着いてプレーできているのではないでしょうか。今は米国の環境に慣れている段階でしょう」と、高評価を与えている。

 渋野は2019年に、海外メジャー初挑戦となった全英女子オープンで見事優勝を飾り、「スマイリング・シンデレラ」の愛称とともに一躍脚光を浴びた。だが、それ以降は米国本土でのツアー初勝利が遠い。

 ニコルズさんは「異なる芝への対応やこちらのコース・マネジメントを学んでいるところだと思います。試合が続く中で新しい環境にすぐに対応していかないといけません。それは多くの選手が苦労するところ。彼女の場合は言葉や文化の違いにも適応しないといけないので毎週やることが山積みでしょう」と思いやる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集