[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中田英寿と日本代表で初共演「スーパーマンが来た」 若き日の稲本潤一が受けた衝撃

2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

日韓W杯グループリーグのロシア戦で指示を出す中田英寿(右)と稲本潤一【写真:Press Association/アフロ】
日韓W杯グループリーグのロシア戦で指示を出す中田英寿(右)と稲本潤一【写真:Press Association/アフロ】

「日韓W杯、20年後のレガシー」#3 稲本潤一の回顧録・第1回

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 日韓W杯をリアルタイムで見た多くの人の脳裏には、金髪の日本人選手が人差し指を立て、歓喜を爆発させるシーンが深く刻まれているはずだ。22歳で国民的ヒーローとなった稲本潤一(現・南葛SC)は、20年が経った今、何を思うのか。「回顧録」第1回では、本大会に向けたチーム作りや中田英寿との関係性などについて語った。(取材・文=佐藤 俊)

 ◇ ◇ ◇

 2002年日韓大会、稲本潤一は初戦のベルギー戦(2-2)、ロシア戦(1-0)と2試合連続でゴールを挙げて日本のW杯初勝利、グループリーグ突破に貢献した。ラッキーボーイ的な存在になったことで世界での知名度も上げるなど、自身のサッカー人生を大きく変えたと言っても過言ではない。そんな輝かしい舞台は、20年が経過した今、振り返るとどんなものだったのだろうか。

 日本代表で最もフィリップ・トルシエ監督のことを理解していたのは、「黄金世代」と呼ばれた稲本たちの世代だった。トルシエは1999年のナイジェリア・ワールドユース(現U-20W杯)で大会直前に指揮を執り、FIFA主催の国際大会で初めて日本を準優勝に導いて以降、結果を出した若い選手を重用し、その流れは2000年シドニー五輪、そして日韓W杯へと続いていった。

 ただ、当時のトルシエは非常にエキセントリックで、練習中に選手を怒鳴り倒したり、胸ぐらを掴んで威喝するなど、A代表で初めて顔を合わせた選手は面食らう時もあった。

「最初の頃は、いきなりキレるし、『なんやねん』と思いましたけど、ワールドユースの時から3年ずっと一緒にいましたからね。本気で怒っている時、人を見て怒鳴っている時も分かりましたし、監督のキャラクターや練習方法も分かっていた。U-20の時から、ほぼやることは変わらなかったですし、怒ってもまた始まったぐらいに思って、余裕でいなしていました(笑)」

1 2 3

佐藤 俊

1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集