[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「OBの数え方も分からなくなった」 西郷真央より強かった21歳の知るプロテストの苦悩

女子ゴルフの国内ツアーが活況を呈する中、今年も8月からプロテストが実施される。だが、合格率は3%台の超難関。何度も跳ね返されている選手が数多くいる。小、中、高で全国大会優勝を飾っている和久井麻由(わくい・まゆ)は3度目の挑戦。高2までは同学年の笹生優花、西郷真央、山下美夢有を上回る戦績を残していたが、この3年は苦しみ、もがいてきた。その中で見えてきた光明。ライバルたちの背中を追う21歳の思いを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

3度目のプロテストに挑戦する和久井麻由【写真:Getty Images】
3度目のプロテストに挑戦する和久井麻由【写真:Getty Images】

2001年度生まれ「新世紀世代」の21歳和久井麻由、3度目のプロテスト挑戦

 女子ゴルフの国内ツアーが活況を呈する中、今年も8月からプロテストが実施される。だが、合格率は3%台の超難関。何度も跳ね返されている選手が数多くいる。小、中、高で全国大会優勝を飾っている和久井麻由(わくい・まゆ)は3度目の挑戦。高2までは同学年の笹生優花、西郷真央、山下美夢有を上回る戦績を残していたが、この3年は苦しみ、もがいてきた。その中で見えてきた光明。ライバルたちの背中を追う21歳の思いを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 和久井は、2001年度生まれ「新世紀世代」の一人だ。小6でゴルフダイジェストジャパンカップ優勝、中3で全国中学選手権春季大会優勝。高1では、全国高校選抜マッチプレー選手権決勝で西村優菜に勝利した。高2では、全国高校選手権春季大会を安田祐香とのプレーオフの末に制した。1学年上の強者2人に競り勝つ強さで、同学年の1歩先を行く存在だった。だが、今は笹生、西郷、山下が遠く先を走っている。和久井は言った。

「みんなとは今も仲がいいですし、ツアーで優勝した時は素直に『すごい。おめでとう』と思います。優花とは同じ高校で一緒にフィリピン合宿にも行きました。真央とも同じ環境で練習をした時期があり、ものすごく努力する姿を見てきたので、『結果が出てきたな』と感じています。美夢有の活躍にも納得です。私は高3の時、日本女子アマでワンパンチをくらって、その先はメンタルの問題が出てきてしまって…」

 和久井は7歳でスヌーピーの7アイアンを握った。ゴルフ好きでハンデ5の母・裕希子さんに練習場に連れられ、程なくコースにも出るようになった。指導は地元のレッスンプロから受け、小6でプロを目指し始めた。中学入学時には新たなコーチの指導を受けるため、両親と山梨に転居。高校時代は地元の栃木に戻り、通信制の代々木高ゴルフ部でも笹生らと腕を磨いた。

 そして全国制覇を重ねて、高3で日本女子アマに出場。初日64で西郷と並んで首位、第2日から単独首位に立ったが、最終日は72と伸ばせなかった。結果、2打差2位で出た西郷に逆転されて2位。これが1つ目のダメージだった。

「勝っていれば、最終プロテストから受けられたのでショックが大きかったです。その後、(国内女子ツアーの)ニトリレディスに推薦出場して10位に入り、プロテストの1次予選も通過しましたが、だんだんと調子が悪くなってしまって……」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集