[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国4強に「不満募らせた」 トルシエと日韓W杯の悔恨、トルコ戦が“奇妙”だった理由

2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

日韓W杯トルコ戦は「奇妙だった」と振り返るフィリップ・トルシエ氏【写真:Getty Images】
日韓W杯トルコ戦は「奇妙だった」と振り返るフィリップ・トルシエ氏【写真:Getty Images】

「日韓W杯、20年後のレガシー」#2 フィリップ・トルシエの回顧録・第2回

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 2勝1分で史上初のグループリーグを突破した日本は、決勝トーナメント1回戦でトルコと対戦するが0-1で敗戦。一方、共同開催国の韓国はイタリア、スペインと強豪を連破し、アジア史上最高となる4位で大会を終えた。当時の日本代表を率いたフィリップ・トルシエ氏は、この結果をどのように見ていたのか。W杯を6大会連続で取材した、旧知の英国人ジャーナリストに明かした。(取材=マイケル・チャーチ)

 ◇ ◇ ◇

 2002年大会はW杯史上初めて、日本と韓国による共同開催となった。隣国同士による「アジア初のW杯開催国」を懸けた激しい招致争いを経て、FIFA(国際サッカー連盟)内部の様々な思惑も絡んだ上での“落としどころ”となったが、この歴史的な共催となったことで両国の間には連帯意識とともに、ホスト国としての本大会成績で「負けたくない」という思いが芽生えたことは確かだろう。

 当時はまだW杯開催国がグループリーグで姿を消した例がなく(※その後2010年大会で南アフリカが敗退)、それも大きな重圧となったが、両国ともに「ベスト16進出」のノルマをグループリーグ1位通過という最高の形で達成。アジア勢2か国は、果たしてどこまで勝ち上がれるのか――。歴史的な大会になる予感を感じながら2002年6月18日、運命の決勝トーナメント1回戦で日本はトルコと、韓国はイタリアと対戦した。

 対戦相手の“名前”を見る限り、日本がベスト8に進出する可能性はより高いように見えた。日本代表を率いたフィリップ・トルシエ氏も、トルコについて「大きな障害ではなかった。簡単とまでは言えないが、彼らはロシアでもブラジルでもなく、ホームで戦う日本は自動的に本命となる」と振り返るが、試合は前半12分にコーナーキックからいきなり失点。時間は十分に残されていたものの、この日の日本にはグループリーグ3試合で見せていた躍動感がなく、0-1で敗れてしまった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集