[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、敵地実況席まで“認めた”微妙な判定「これは低い」「球審の遅さを見て」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は5月31日(日本時間6月1日)、敵地ヤンキース戦に「2番・指名打者」で先発し、第2打席は見逃し三振に倒れた。追い込まれてからのストライク判定に首をかしげて納得いかない様子。米メディアが動画を公開すると、「これは低かった」「球審の判定の遅さを見て」と実況席も注目した。

ヤンキース戦に「2番・指名打者」で先発するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ヤンキース戦に「2番・指名打者」で先発するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平に下されたストライク判定とは

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は5月31日(日本時間6月1日)、敵地ヤンキース戦に「2番・指名打者」で先発し、第2打席は見逃し三振に倒れた。追い込まれてからのストライク判定に首をかしげて納得いかない様子。米メディアが動画を公開すると、「これは低かった」「球審の判定の遅さを見て」と実況席も注目した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 大谷が不満げな表情を見せた。0-5の4回先頭打席。2ストライクに追い込まれると、最後は低めの変化球だった。ミットに届く前に顔を上げ、ボールを確信した様子。しかし、ストライク判定で見逃し三振に倒れた。ピタリと立ち止まり、小さく首を振る。納得いかなかったのか、ベンチに戻る途中でも数回首を振った。

 米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ヤンクス」公式ツイッターが動画を公開。敵地中継局「YESネットワーク」の実況席でも「これは多分低かったですね」「球審の判定の遅さを見てください」とボールを“認めた”ようだ。「オオタニが『NO』と言ったのが良かったです」「MLBでここまで達成してきた偉業は間違いなく感銘を受けるものです。見事ですよね」と話題になっていた。

 大谷が昨季6月に3戦3発を放った球場。第1打席は中堅へ大飛球を放ったが、アーロン・ジャッジのホームランキャッチで12号を阻まれていた。第3打席は右翼線への二塁打だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集