[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

信念を曲げた久保竜彦が決めた埼スタの劇弾 18年前のあの瞬間、舞い降りたジーコの顔

サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会出場権を懸けた日本代表は24日、オーストラリアとアウェイで対戦する。グループBは勝ち点19でサウジアラビアが首位。1差の2位日本、4差の3位オーストラリアの三つ巴に。自動的にW出場権が与えられるのは上位2か国。日本にとってライバルとの直接対決は勝てばW杯出場が決まるが、アジアの戦いはそう簡単ではない。かつて日本代表として戦った久保竜彦氏は、2004年2月のドイツW杯アジア1次予選初戦・オマーン戦で苦戦しながら、終了目前に自身の決勝ゴールで辛勝した激闘の記憶を明かした。(取材・文=藤井 雅彦)

2004年2月のW杯アジア1次予選の激闘を振り返った久保竜彦氏【写真:編集部】
2004年2月のW杯アジア1次予選の激闘を振り返った久保竜彦氏【写真:編集部】

W杯カタール大会アジア最終予選・豪州戦目前インタビュー

 サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会出場権を懸けた日本代表は24日、オーストラリアとアウェイで対戦する。グループBは勝ち点19でサウジアラビアが首位。1差の2位日本、4差の3位オーストラリアの三つ巴に。自動的にW出場権が与えられるのは上位2か国。日本にとってライバルとの直接対決は勝てばW杯出場が決まるが、アジアの戦いはそう簡単ではない。かつて日本代表として戦った久保竜彦氏は、2004年2月のドイツW杯アジア1次予選初戦・オマーン戦で苦戦しながら、終了目前に自身の決勝ゴールで辛勝した激闘の記憶を明かした。(取材・文=藤井 雅彦)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 久保竜彦の脳裏には、あの日の情景が鮮明に焼き付いている。

 日本サポーターで超満員に膨れ上がった埼玉スタジアムの雰囲気に胸を突き動かされた。ウォーミングアップから高揚感を抑えきれず、キックオフ後はまるで心臓の鼓動が聞こえるかのように昂っていく。

「自分は周りの雰囲気によって変わるタイプ。あの時は試合前からドキドキワクワクが止まらなくて、早くピッチに立ちたかった。日本は前半から攻め込んでいたけどシュートがなかなか決まらなくて。でも内心では『よし、よし』と(笑)。はよ、オレを出せってずっと思っていました」

 1次予選の初戦でこれほど苦戦するとは誰も想像していなかった。中田英寿や中村俊輔、高原直泰といった錚々たる顔ぶれが揃っているにもかかわらず、日本はオマーンの粘り強い守備を崩すことができない。

 後半が始まると同時に、久保に出番がやってきた。

 しかし打てども打てどもゴールが遠い。この試合、オマーンのシュート6本に対して、日本は3倍近い17本を記録した。「決定力不足」という言葉が頭をもたげるようになったのは、この頃からかもしれない。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集