[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

モーグル上村愛子が環境問題に取り組む理由 現役時代に「氷河」で見た忘れられない風景

雄大な北アルプスの麓に位置する長野県白馬村。夏には鮮やかな緑をした木々が山を彩り、冬には真っ白な雪化粧をした山々が美しい絶景の地を“地元”と呼ぶのが、元フリースタイルスキー・モーグル日本代表の上村愛子さんだ。7歳の頃に家族と移り住み、世界トップレベルのスキー技術を磨いた地元には、今でも足しげく通っている。

元フリースタイルスキー・モーグル日本代表の上村愛子さんが環境問題に取り組む理由とは【写真:松橋晶子】
元フリースタイルスキー・モーグル日本代表の上村愛子さんが環境問題に取り組む理由とは【写真:松橋晶子】

SNSを通じて地元・白馬の絶景を発信「雪がある場所にこれからも…」

 雄大な北アルプスの麓に位置する長野県白馬村。夏には鮮やかな緑をした木々が山を彩り、冬には真っ白な雪化粧をした山々が美しい絶景の地を“地元”と呼ぶのが、元フリースタイルスキー・モーグル日本代表の上村愛子さんだ。7歳の頃に家族と移り住み、世界トップレベルのスキー技術を磨いた地元には、今でも足しげく通っている。

【特集】5大会出場オリンピアンが未来に伝えたい スキー競技の魅力と学び / フリースタイルスキー・モーグル 上村愛子さんインタビュー(GROWINGへ)

 写真を趣味とし、白馬の大自然が四季折々に見せる様々な表情をレンズに収めている。写真で切り取った白馬の魅力は、SNSを通じて発信。アウトドアが好きという気持ちに加え、そこには「この美しい風景が次の世代、その次の世代と未来にも残りますように」という願いが込められている。

 上村さんは現役時代、オフシーズンになると、仲間と一緒にゲレンデのゴミ拾いなど環境美化活動に取り組んでいたという。昨年12月には山形蔵王温泉スキー場で行われた「煙のないマウンテンリゾートへ」プロジェクトに特別アンバサダーとして参加。紙巻きタバコを禁止し、加熱式タバコの使用に限定する取り組みにエールを送った。

「環境問題に対していろいろな取り組みがある中で、私はスキーヤーですし、『雪山』が皆さんにとってもイコールになりやすいと思っています。でも、スキーが好きだから雪山を守りましょう、というのとは少し違うのかなと。スキーやスノーボードといったスノースポーツは、そこに雪があるから皆で楽しめている訳ですが、その環境を守ることは『今、雪がある場所にこれからも雪があり続けるべき』という地球のバランスを保つために大切なことであるのではないかと、私は思っています」

 環境について考える時、現役時代の海外遠征を思い出すという。年に一度、必ず訪れていた氷河の上でスキーの練習をするという環境だった。年数を重ねるにつれ、氷河の嵩(かさ)が減っていることに気付いてはいたが、「当時は何も分かっていなくて、氷河は溶けてもまた戻るものだと思っていました」と苦笑いする。

「氷河は何百年も前に作られたものが、長らくキープされてきただけ。今になって溶け始めているのは気温の上昇が原因と科学的にも証明され、『あの当時見ていたのは、こういうことだったのか』と全部が繋がりました。人間の活動が気温上昇の主な原因という答えが出た今、自分には何ができるのか考えながら生きていかなければいけないと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集