[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子ゴルフ全米王者が今季最短25cmパットミス 米騒然「酷い」「自分もやったことある」

米男子ゴルフでまさかのミスパットが生まれた。アーノルド・パーマー招待(ベイヒルC&L、7466ヤード、パー72)第1日。ジョン・ラーム(スペイン)が10インチ(約25センチ)のパーパットを外した。PGAツアー公式ツイッターが今季最短のミスとデータを動画付きで紹介し、米ファンからも驚きの声が上がっている。

アーノルド・パーマー招待に出場しているジョン・ラーム【写真:AP】
アーノルド・パーマー招待に出場しているジョン・ラーム【写真:AP】

ジョン・ラームがまさかの一打、PGA「今季ツアー最短距離のミス」

 米男子ゴルフでまさかのミスパットが生まれた。アーノルド・パーマー招待(ベイヒルC&L、7466ヤード、パー72)第1日。ジョン・ラーム(スペイン)が10インチ(約25センチ)のパーパットを外した。PGAツアー公式ツイッターが今季最短のミスとデータを動画付きで紹介し、米ファンからも驚きの声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 グリーン上の空気が固まった。7番パー3、ラームはおよそ25センチを残したイージーパットをパターに当てたが、5センチ程度転がっただけ。本人はパターのフェースに手をやり、バツが悪そうな表情だった。結局、このホールはボギーとなった。

 この模様をPGAツアー公式ツイッターが紹介。「1フィート以内の成功率:99.96% これは、今季のツアーにおける最短距離のミス」とデータを伝え、ファンからも「ひどいね」「ジョンは感情コントロールを学んだ方がいいね。パターがグリーンに埋まると思ってたんだけど」「あちゃー」「減速100%」「磁石」「自分もやったことある」「世界最高プレーヤーの称号を与えるよ! ハハハ」などと驚きの声が上がった。

 しかし、昨年の全米オープン王者はまさかの一打に崩れることなく、後半に3つのバーディーを奪い、この日は4バーティー、4ボギーのイーブンパーで終了。2日目以降に巻き返しを狙う。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集