[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本気でNPBを目指す元早大アメフト部QB 挑戦1年目で「球速134km→150km」の急成長

早大アメフト部出身でプロ野球を目指している異色の23歳、吉村優投手(早大大学院1年)が目標に掲げる来秋ドラフト指名へ意気込みを明かした。早実(東京)野球部に在籍した高校以来、4年ぶりに野球復帰した1年目で球速は134キロから150キロに到達。早大大学院に通いながら挑戦を続ける右腕は「来年は僕の23年間の経験と学びを全て詰め込んだ1年にしていきます」と語った。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

早大アメフト部出身でプロ野球を目指す吉村優が来秋ドラフト指名へ意気込みを明かした【写真:中戸川知世】
早大アメフト部出身でプロ野球を目指す吉村優が来秋ドラフト指名へ意気込みを明かした【写真:中戸川知世】

早実野球部―早大アメフト部、2つの「甲子園」を経験した23歳・吉村優の挑戦

 早大アメフト部出身でプロ野球を目指している異色の23歳、吉村優投手(早大大学院1年)が目標に掲げる来秋ドラフト指名へ意気込みを明かした。早実(東京)野球部に在籍した高校以来、4年ぶりに野球復帰した1年目で球速は134キロから150キロに到達。早大大学院に通いながら挑戦を続ける右腕は「来年は僕の23年間の経験と学びを全て詰め込んだ1年にしていきます」と語った。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 2つの「甲子園」を経験をした異色の右腕が急成長を遂げている。アメフトから復帰1年目の吉村は9月、今年中の目標にしていた球速150キロに到達。「あくまでわかりやすい定量的な目標として立てていただけなので、やっとスタートラインに立てた感覚です」と振り返った。

 その歩みはオンリーワンのものだった。小2で野球を始め、斎藤佑樹(元日本ハム)に憧れ、中学受験で入学した早実中を経て早実高進学。2年夏に甲子園出場した。背番号16は出場こそなかったものの、1年後輩の清宮幸太郎(現日本ハム)を擁して4強入り。3年夏は伝統のエースナンバー「1」を背負い、西東京大会8強となった。しかし、卒業後は早大野球部には進まず。

「自分はゴールを高校野球にしていた。燃え尽きたので、惰性で4年間使うのはもったいない。また本気で日本一を目指せるものに挑戦したい」

 選んだのは早大アメフト部。白球を楕円球に持ち替えた。ゼロから始めた素人だったが、「本気」の猛練習。司令塔のクォーターバックとして3年生になり、定位置を奪取した。その年、大学日本一を決める甲子園ボウルに出場し、タッチダウンも記録。4年時には副将も経験した。そして、秋の引退翌日、多くの同級生が一流企業に就職する中、もう一度、野球に挑戦しようと決意した。

「本気ってこういうことなんだと学んだ4年間。この経験を持って野球に戻ったら、自分はもっと上のステージに行けるんじゃないかと思った」

 高校時代は最速134キロだったが、練習を始めて1か月で140キロに到達。2月から社会人クラブチーム「REVENGE99」に在籍し、実戦経験も積んだ。一方で、基幹理工学部情報理工学科に在籍した理系右腕は卒業後、早大大学院に進学。「来年のドラフト会議でNPBの選手になることが目標です。破天荒に思われるかもしれませんが、僕は本気でプロ野球選手を目指しています」と語っていた。

 この春、その挑戦を記事にさせてもらったが、吉村を知る人が増え、練習先などで話題してもらうことがあったという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集