[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • “見える化”が選手の能力を伸ばす? 「データ」は野球をどう変えるのか(前編)

“見える化”が選手の能力を伸ばす? 「データ」は野球をどう変えるのか(前編)

センバツ高校野球が始まり、NPB、MLBもいよいよ開幕。本格的な球春到来に心躍る熱心な野球ファンなら最近、こんな言葉を耳にすることが多くなったのではないか。「OPS」「BABIP」「FIP」という横文字に始まり、「スタットキャスト」「トラックマン」などなど。ニュースを見ていると、知らない間に知らない「野球のコトバ」が増えている。これらに共通しているのは「データ」にまつわることだ。

球速のみならず、あらゆる“見える化”が進んでいる【写真:Getty Images】
球速のみならず、あらゆる“見える化”が進んでいる【写真:Getty Images】

新連載「THE ANSWER 野球科学部」…データのプロが語るMLBとNPBの違い

 センバツ高校野球が始まり、NPB、MLBもいよいよ開幕。本格的な球春到来に心躍る熱心な野球ファンなら最近、こんな言葉を耳にすることが多くなったのではないか。「OPS」「BABIP」「FIP」という横文字に始まり、「スタットキャスト」「トラックマン」などなど。ニュースを見ていると、知らない間に知らない「野球のコトバ」が増えている。これらに共通しているのは「データ」にまつわることだ。

 近年、野球の見方が大きく変わろうとしている。その象徴が、MLBで導入された動作解析システム「スタットキャスト」に代表される最新テクノロジーであり、グラウンド上のあらゆるプレーが数値化されている。従来は球速くらいだったものが、投球の回転数、打球速度、発射角度……ありとあらゆる“見える化”が進んでいる。そんな革命的な進歩を遂げる時代において、私たちはデータとどう向き合えばいいのか。

「THE ANSWER」では、新連載「THE ANSWER 野球科学部」を開始。NPB球団でデータアナリストとして活躍した実績を持つ、バイオメカニクス(生体力学)の専門家・神事努氏(国学院大准教授、ネクストベース エグゼクティブフェロー)を講師に迎え、「野球を科学で見る」を“部訓”として「ノビ」「キレ」「球持ち」といった“わかるようでよくわからない用語”を科学的に解説。さらに、実際に活躍する選手の何が凄いのか、動作解析の視点からの評論など、かつてない野球コラムを展開する。

 連載開始に先立ち、そもそも、なぜ野球にデータが必要なのか。データを活用することで野球はどう変わるのか。神事氏に専門家の視点から必要性について語ってもらった。今回は前編。MLBとNPBのデータ活用の違い、そして、選手にとっての知られざるメリットとは──。

 ◇ ◇ ◇

「『データなんて…』と否定的に捉える人もいますが、そもそもデータは昔から使っていたもの。打率、打点、防御率とか誰もが使っているけど、ここに来て新しい指標が出てきたことで、注目されるようになっています」

 このように“野球のデータ化”時代を語った神事氏。とりわけ、進んでいると言われるのは、メジャーリーグ。野球の本場では、どう活用されているのか。

1 2 3 4

神事努

国学院大学人間開発学部健康体育学科准教授。1979年生まれ。バイオメカニクスを専攻し、中京大学大学院で博士号を取得。2007年から国立スポーツ科学センター(JISS)のスポーツ科学研究部研究員。14年から3シーズン、東北楽天ゴールデンイーグルスでデータアナリストを務めた。現在は「ネクストベース」のエグゼクティブフェロー(主任研究員)も務め、同社で野球のデータ分析サイト「Baseball Geeks」を展開。スタットキャストの機能のわかりやすい解説なども行っている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー