[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強プロボクサー・井上尚弥の美学 KO目前のリング上ですら意識していた「ファン目線」

2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第25回は、ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が登場する。

ディパエン(手前)に猛攻を仕掛ける井上尚弥、白のグラブは血に染まっていた【写真:荒川祐史】
ディパエン(手前)に猛攻を仕掛ける井上尚弥、白のグラブは血に染まっていた【写真:荒川祐史】

一人の記者が届ける「THE ANSWER」の新連載、第25回はボクシング・井上尚弥

 2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第25回は、ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が登場する。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 今月14日に東京・両国国技館で挑戦者のアラン・ディパエン(タイ)に8回TKO勝ち。2年1か月ぶりの国内凱旋試合では、勝利目前で「勝ち方」を意識。常にファンを想うプロボクサーの姿があった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

 7回だった。7000人の観客が見守る中、井上のフックが顔面をモロに捉えた。ここまで何百発ものパンチを浴びてきた挑戦者がぐらついた。勝利目前だ。しかし、モンスターはラッシュに入らなかった。

「やっぱりフィニッシュの仕方も若干考えた。手数でレフェリーストップに持ち込むこともできたんですけど、これはどうなのかと。それがよぎったんですよ、本当に。常々、『勝ち方、勝ち方』と言っている。それをレフェリー頼りにするのはどうなのかと」

 まだ相手のパンチが死んでおらず、警戒感もあって踏みとどまった。世界戦の大舞台。並みのチャンピオンなら「まずは勝つこと」に重きを置き、レフェリーストップでもいいからチャンスをものにしようとするはず。日本記録の世界戦16連勝中だった井上は、さらに上の領域にいた。

「ファンが本当に総立ちになるような試合。魅せるボクシングをしたい」

 プロボクサーとして、いつだってファンの目線を意識してきた。2月のチャリティーイベントでも「ファンの方がどんなスパーリングを見たいか」と考え、対戦相手に元世界王者の比嘉大吾を指名。ネット上のコメントを見ることもある。内容だけではなく、どんな記事にどれくらいの数の反応があるのか。今回の試合後も目を通し、いろいろな意見に触れた。

 直近2試合は米ラスベガスで戦い、国内での試合は2年1か月ぶりだった。感じていたのは待ちわびたファンの熱。圧倒して勝つという意味合いで「リードパンチで倒す」「期待、想像を超える勝ち方をしたい」と宣言した。

「常々期待について口にしているし、周りもそういう見方をする。自分としてはそういう発言で自分へのプレッシャーを高めて強さを引き出しているつもり。今回は自分との戦い。だからこそ、凄くハードルを上げるようなことを言ってきたし、それがトレーニングの質を上げていく一つの材料になる」

 長いボクシング人生では、常に強敵と戦えるわけではない。今回は明らかな格下。緊張感を保つため、相手の映像は「1、2回見たくらい」と知りすぎないよう努めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集