[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 世界1位マレーに挑む錦織に勝機は? カギ握る「あの試合のイメージ」

世界1位マレーに挑む錦織に勝機は? カギ握る「あの試合のイメージ」

世界ランク5位の錦織圭(日清食品)は16日、ATPワールド・ツアーファイナル1次リーグ第2戦で同1位のアンディー・マレー(英国)と対戦する。果たして世界1位に対して勝利し、1次リーグ突破へ前進することができるか。勝利するポイントをプロテニスプレイヤーの綿貫敬介(明治安田生命)に分析してもらった。

20161116_nishikori2

錦織が世界1位マレーと激突へ、勝利のポイントは?

 世界ランク5位の錦織圭(日清食品)は16日、ATPワールド・ツアーファイナル1次リーグ第2戦で同1位のアンディー・マレー(英国)と対戦する。錦織は前回対戦の9月の全米オープン準々決勝でフルセットの末に勝利しているが、ここまでの対戦成績は2勝7敗と大きく負け越している。果たして世界1位に対して勝利し、1次リーグ突破へ前進することができるか。勝利するポイントをプロテニスプレイヤーの綿貫敬介(明治安田生命)に分析してもらった。

「USオープンでマレーを破った理由はいくつかありますが、個人的にはバックハンドのクロスのラリーで錦織さんが圧倒していたことが大きかったと思っています。マレーという選手はディフェンシブなスタイルでバックハンドの安定感が極めて高い。あそこでバックハンドで打ち砕こうとする選手はなかなかいない。マレー相手では、6対4くらいの割合でフォアハンドを狙っていく選手が多い印象です。

 ですが、錦織さんはあの試合であえてバックハンドのクロスで勝負しました。すごく興味深かったです。マレー相手にバックハンドでいくんだ、と。そこが前回の勝利のキーポイントだったと思います」

 綿貫は前回対戦の勝因をそう分析する。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
全国高体連公式 インターハイ応援サイト「インハイ.tv」
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー