[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国女子フィギュア、キム・ヨナ“後継者争い”が過熱 五輪代表「2枠」の行方は?

来年2月の北京五輪を控え、韓国女子フィギュアスケーターの活躍と台頭に注目が集まっている。

韓国女子の北京五輪出場2枠を争う、(左から)イム・ウンス、ユ・ヨン、パク・ヨンジョン【写真:Getty Images】
韓国女子の北京五輪出場2枠を争う、(左から)イム・ウンス、ユ・ヨン、パク・ヨンジョン【写真:Getty Images】

キム・ヨナに憧れスケートを始めた「ヨナ・キッズ」の才能が続々と開花

 来年2月の北京五輪を控え、韓国女子フィギュアスケーターの活躍と台頭に注目が集まっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 フィギュアスケート不毛地帯だった韓国で突如として登場した至宝が、2010年バンクーバー五輪で金メダルに輝いた韓国フィギュア界の妖精と呼ばれたキム・ヨナだった。日本で言えば、女子として世界で初めてトリプルアクセルを跳んだ元祖トリプルアクセルジャンパーの伊藤みどりのようなパイオニア的存在と言えるだろう。

 “韓国版パイオニア”の彼女は、14年ソチ五輪で2つ目の五輪メダルとなる銀メダルを獲得した後、現役引退。ジュニア時代から日本の浅田真央と「永遠のライバル」として切磋琢磨して世界のトップ争いを繰り広げてきただけに、日本でも最も知られている韓国女子スケーターと言っても過言ではない。韓国では現在もアイコンとしてCM出演やブランドモデル、雑誌のグラビア特集などで人気を博すなど引っ張りだこで、その影響力は大きい。五輪関連行事やアスリートタレントとして活動する傍ら、韓国フィギュア界の発展のために奨学金制度を設けたり、強化活動に寄付したりと後輩たちへ惜しみないサポートを続けている。

 そんなキム・ヨナが五輪女王になってから10年が経った近年、やっと“キム・ヨナの後継者”と呼べる逸材が続々と出現し、百花繚乱の様相を呈している。韓国では、キム・ヨナに憧れてスケートを始めた多くの10代の選手たちのことを「ヨナ・キッズ」と呼ぶが、この金の卵たちの中からついに世界のトップ争いができ、北京五輪でもメダルを期待できる選手が登場した。

 その筆頭が、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に躍進を遂げてきた17歳のユ・ヨンだ。トリプルアクセルは12歳から練習を始め、シニアデビュー戦となった19年10月のグランプリ(GP)シリーズ大会のスケートカナダのショートプログラム(SP)で初成功。国際スケート連盟(ISU)公認大会では史上11人目の成功者となった。18年平昌五輪4位の宮原知子や全日本女王の紀平梨花が師事していた日本の濱田美栄コーチからも指導を受けており、韓国選手権では20年に3連覇を達成するなど韓国女子のトップに君臨している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集