[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビー新リーグの最強軍団、埼玉ワイルドナイツ 坂手淳史主将が語る初代王者への戦略

充実の新拠点、常に“見られる環境”を歓迎

 チーム運営のトップに立つ飯島均GMは「TL最後と、リーグワン最初の王者になる資格があるのはウチだけ」と初代王者への並々ならない意欲を見せるが、チームの強化段階はどこまで進んでいるのだろうか。
坂手主将が最も力を込めて語ったのは、主力以外のメンバーの成長だ。チームからは10人の選手が日本代表入りして、9月から2か月以上チームを離れたが、その期間に若手メンバーらが経験値を上げていることは、チームに戻って強く感じている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「選手層の厚みは、今年は特にすごくあると思う。例年以上にプレシーズンでプレーした選手の調子がいい。若手のゲーム理解度が高くなっているし、試合へ全員がいい準備ができている。試合を見ると分かるのですが、全員のクオリティーが高くなっているので、チームとしてレベルが上がっている。そこにたくさんの(日本代表、外国人)選手が帰ってきたので、それを合わせるとさらに強くなる可能性を感じるので、楽しみです」

 万全の準備を進めるチームを支えているのが、今年8月に群馬県太田市から移転して運用を開始した熊谷のグラウンド、クラブハウスなどの新拠点だ。県営ながらホストスタジアムとなる熊谷ラグビー場に隣接して、30000平方メートルの敷地面積の中に芝生のグラウンドとクラブハウス、屋内練習場や、別経営ながらホテルやカフェが造られた。公共の公園の中に造られた性格上、一般人やファンも間近で練習する選手の姿を見ることができる。

 他のチームならあり得ない環境だが、坂手主将は「練習もお客さんに見てもらえると気合も入りますし、楽しいですね。いい環境だとつくづく感じています。公園なので、散歩している方が見てくれたりしている。初めてラグビーを見る方もいると思うので、そこからチームを好きになってくれたり、また足を運んでくれる回数が増えたりすれば嬉しいですね」と、ファン以外とも接点を持てる、常に“見られる環境”もチームのプラス材料と捉えている。

 クラブハウス内のウエートトレーニング場についても、「以前のジムも狭くはなかったですが、チーム全員でやるには少し手狭だった。今回はたくさんの人数でできるので、ワンクッション、ツークッション入れていたのが1回で一気にできる。全体の流れが良くなってきている」と効率的なジムワークが可能になったことも、チーム強化を後押しする。

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集