[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体操・村上茉愛、「幸せ」を掴んだ現役最後の日 燃え尽きた五輪から再起した83日間

2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第22回は、体操・村上茉愛さんが登場する。

10月の世界選手権、現役最後の演技を全うした村上茉愛【写真:アフロスポーツ】
10月の世界選手権、現役最後の演技を全うした村上茉愛【写真:アフロスポーツ】

一人の記者が届ける「THE ANSWER」の新連載、第22回は体操・村上茉愛さん

 2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第22回は、体操・村上茉愛さんが登場する。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 集大成と位置づけた東京五輪は床運動で銅メダルを獲得した25歳。故障を抱えながら現役を続行し、10月の世界選手権(福岡・北九州市立総合体育館)は金メダルを獲得した。最後の舞台で「幸せ」を噛み締めた裏には、「人のために演技をしたい」というモチベーションがあった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

 全身全霊を込めて舞った。世界選手権の床運動決勝。「たくさんの人に自分の演技を見てもらいたい」。足の痛みは嘘だったかのように、村上の体はよく動いた。体操人生を凝縮させた姿に、約2500人の観客から労いと称賛のこもった拍手が送られる。深々と下げた頭を起こすと、涙がこぼれ落ちた。

 時に、技の成否よりも、得点よりも大切なもの。「魅せる」という演技の本質を捉えた90秒だった。

 エースとして臨んだ東京五輪は、個人総合で日本女子歴代最高の5位。床運動は日本女子種目別初のメダルだった。3歳から体操を始め、ずっと夢見た大舞台で演技を完遂。集大成の場になるはずだった。しかし、五輪の1年延期により、世界体操と同年開催となった特別な年。「2つとも日本であるのは光栄なこと。五輪でメダルを獲って、体操を見に来てもらえるチャンス」と五輪後も練習を続けた。

 ただ、一度気持ちの切れた体は簡単には動かない。「燃え尽きたというか、練習がはかどらなくなった」。大学時代も師事した日体大の瀬尾京子監督に「しんどいです」と相談した。体操界ではベテランの25歳。体は悲鳴を上げ、恩師から「種目を絞るのもありなんじゃない?」と助言を受けた。

「何のために体操を続けるのか考えた時、(五輪で)最後の最後に無観客だったことが唯一の心残りだった。自分のためではなく、人のために演技をしたい」

 これまでの体操人生とは違うモチベーションをもらい、2か月半後の世界体操は得意の床運動に照準を定めた。その矢先、またも試練が重なる。大会前に左足首を負傷。開催地の北九州市に入ってからも、思うように練習できない。痛み止めも飲んだ。

 五輪決勝から83日、痛みと付き合いながら迎えた予選。客席を見渡すと、最前列に母・英子さんの姿があった。誰よりも演技を届けたい人。取材で母の話題になると、どうしても声が上ずってしまう。

「(第1種目の)平均台の前に顔を見られたし、直前にも連絡した。連絡するのは、足首の怪我の話をしてからは毎日です。泣くのは早い。『大丈夫だよ』っていう演技はできたと思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集