[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪開会式で話題になった看護師ボクサーの今 月~土曜まで非常勤で目指すパリ五輪

アマチュアボクシングの全日本選手権第4日が27日、東京・墨田区総合体育館で行われている中、東京五輪の開会式冒頭に登場して話題となった看護師ボクサーの28歳津端ありさ(コサカジム・ライフサポートクリニック)が取材に応じた。今大会は女子ウェルター級にエントリーしていたが、出場者は1人のため試合はなく“認定優勝”。五輪開会式で感じた心境や出演を通じて表現したかったことなどを語った。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

東京五輪・開会式に登場した津端ありさ【写真:Getty Images】
東京五輪・開会式に登場した津端ありさ【写真:Getty Images】

東京五輪開会式の冒頭に登場、話題を集めた看護師ボクサーが明かす出演の意義とは

 アマチュアボクシングの全日本選手権第4日が27日、東京・墨田区総合体育館で行われている中、東京五輪の開会式冒頭に登場して話題となった看護師ボクサーの28歳津端ありさ(コサカジム・ライフサポートクリニック)が取材に応じた。今大会は女子ウェルター級にエントリーしていたが、出場者は1人のため試合はなく“認定優勝”。五輪開会式で感じた心境や出演を通じて表現したかったことなどを語った。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 東京五輪は一人の走りから始まった。7月23日、午後8時からの開会式。冒頭は女性がランニングマシンを走り、トレーニングに励むという演出だった。シューズやウェアを白に統一した現役看護師のボクサー。それが津端だった。新型コロナウイルスの困難にめげず、孤独でも根気強く努力する姿を表現。次々に他の選手が加わり、葛藤を抱えているのは一人ではないというような内容だった。

「たまたま看護師をやっていて、たまたま五輪を目指す機会があった。自分はそんなに凄いことをやっているつもりではなかったです。『私でいいのかな』と。関係者の方々からも熱いオファーをいただきました。その気持ちに私が少しでも応えられるなら協力したいと思って出させていただきました」

 心療内科のため、看護師として直接的にコロナ禍の影響を受けたわけではない。だが、医療従事者の大変さは否が応でもわかる。看護師であり、アスリート。しかも、コロナの影響を大きく受けた一人だった。

 もともと、ボクシングを始めたのはダイエット目的。2018年から打ち込み、スパーリングをするうちに選手に転向。競技人口は多いとは言えないが、デビュー戦の19年全日本選手権はミドル級で優勝した。代表選手となり、東京五輪を目指すことに。1年延期された期間は、代表合宿に参加し「アスリートの意識が高まったし、技術も凄い伸びた1年だった」と拳を振り続けた。

 五輪に向けて練習時間を確保するため、1月に夜勤のない現在の医院に移った。しかし、ラストチャンスだった21年6月の最終予選はコロナ禍で冬のうちに中止が決定。不運にも五輪への道は途絶えてしまった。

 そんな中、4月に届いたのが開会式の出演オファー。重要機密で「誓約書を書いた人以外には言っていないです」と笑う。共生社会や五輪・パラリンピックの開催意義などが込められた演出。世界中が注目する開会式の冒頭という大抜擢だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集