[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松田直樹とフラット3 後ろから見た楢﨑正剛の証言「マツだけは練習しなくても守れた」

かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多くのFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

日韓W杯の代表合宿でふざけ合う松田直樹さん(後列左から2人目)と楢﨑正剛氏(同3人目)【写真提供:楢﨑正剛】
日韓W杯の代表合宿でふざけ合う松田直樹さん(後列左から2人目)と楢﨑正剛氏(同3人目)【写真提供:楢﨑正剛】

連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」3通目 名古屋グランパス・楢﨑正剛

 かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多くのFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

 節目の年に合わせた「THE ANSWER」の連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」。その功績と人柄を語り継ぐため、生前にゆかりがあった選手・関係者らが命日となる8月4日まで連日、天国の背番号3への想いを明かす。第3回は元日本代表GKで名古屋グランパス・クラブスペシャルフェローの楢﨑正剛氏。日韓W杯のフラット3を後ろから支え、同学年の名守護神が生前の松田さんとの思い出を明かした。(構成=藤井 雅彦)

 ◇ ◇ ◇

 マツとの出会いは高校時代までさかのぼります。あまりイメージがないかもしれないけれど、僕たちは同学年。だから育成年代の世代別代表で同じチームになった時が初対面でした。

 そのチームは僕たちの学年と1つ上の学年の選手で構成されていて、田中誠さんや山田暢久さんがいました。僕たちの時代の高校サッカーといえば上下関係が厳しくて、しかも代表チームの1学年上なのでものすごく上の立場に感じるもの。奈良県出身の田舎者だったので、萎縮してしまった記憶があります。

 それなのにマツは先輩にも物怖じせず話しかけて、同級生と同じようにタメ口で接している。年齢を知らなければ対等な関係に見えるくらい、まったく違和感がない。まさしく大物感。マツだって群馬県出身の田舎者なのに(笑)

 お互いプロになってからはマツが横浜マリノス、僕が横浜フリューゲルスに加入し、住んでいる場所が比較的近い。だから選手としてよりもプライベートで仲が良かった。一緒に都内へ繰り出して、食事をして、当時流行っていた古着屋さんを教えてもらいました。

 マツはファッションが好きで、群馬県出身とはいえ関東人なので、自信に満ち溢れていた。僕にとって初めての東京は異世界だったけど、マツのおかげでいろいろ学ぶことができたので感謝しています。

 代表チームで一緒にプレーする機会はたくさんあったけど、クラブレベルで同じチームに所属したことはない。だから基本的には対戦する側の選手で、相手チームにいたら本当に嫌な選手だった。DFだけど何でもできる選手で、当時の日本人にはなかなかいないタイプのセンターバック。海外でプレーしても面白かったでしょうね。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集