[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「人生、置きにいかない」 松田直樹、没後の「今もライバル」佐藤由紀彦が愛した生き様

2人で言い合った言葉「人生、置きにいかない」「人生、リスクをかける」

 ピッチ内の性格はファン・サポーターの皆さんも見た通り。ピッチ外の思い出はありすぎるけれど、洋服の展示会に一緒に行った時の話。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 直樹は洋服好きでアパレル関係の仲間が多い。一度、彼に言われた海外ブランドの展示会に付いて行った。それが凄く高いブランドだったが、何十万円という買い物をしたのが自分で、直樹はほとんど買ってない。後で妻に金額を伝えたら、めちゃくちゃ怒られたのに(笑)

「これ、凄く似合ってるよ」「この出会いはもうないよ」みたいに勧めてくる。デザイナーと組んでいたのかと思うくらい。そんなずる賢さがあって、強化部長や代理人、営業あたりの才能もあったはず。そのくらい口説き方が上手くて、でも許せてしまう人柄だった。

 今、「松田直樹メモリアル Next Generation」という財団をF・マリノスでチームメイトメートだった河合竜二、天野貴史と立ち上げている。

 これまでに出生地の群馬でゆかりのあった選手をゲストに呼び、サッカー教室を開いて、合わせてAEDの講習会も一緒にやったり、F・マリノスが開催しているイベントに協力させてもらったり。みんなで慎むというより、亡くなっても松田直樹の魂は存在していると発信してきた。

 直樹の存在や名前を残したかった。今、YouTubeくらいでしかその勇姿を見られない子供たちに、これだけ偉大な選手がいたんだって伝えたかった。

 子供たちには、自分が発信したことに責任を持ち、行動を起こせる人間になってもらいたい。発信すること、行動することを恐れずに勇気を持つ。サッカーに対しても夢に対してもそう。言ったからには貫き通す。そういう人間が、直樹の姿を通して育ってくれたらうれしい。

 直樹とは共通ワードみたいなものが2つあった。

「人生、置きにいかない」「人生、リスクをかける」

 いろいろなシーンで、そのワードが出ていた。常にそれをピッチ内外で言い合って、サッカーに関しても怪我や病気で何かを回避しようとしていると「ああ、逃げちゃうんだ」って。そういう刺激的な言葉をかけて鼓舞し合っていたから、ずっと切磋琢磨しながらやってこられた。

 そういう意味で印象的だったのは2010年のF・マリノスから松本山雅への移籍。

 当時、相談を受けたけど、選択肢の中でJFLという一番厳しい場所を選んだことも、まさにリスクを恐れず、置きにいかない選択だと感じた。実際、F・マリノスの環境から比べると、当時の松本山雅は厳しいものがあったけれど、言い訳は一切なし。とにかく突き進んでいた。直樹らしかった。

 でも、亡くなってしまったのは、それからたった半年あまり後のこと。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集