[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「人生、置きにいかない」 松田直樹、没後の「今もライバル」佐藤由紀彦が愛した生き様

かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多くのFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

2002年日韓W杯のベルギー戦に出場した松田直樹さん【写真:Getty Images】
2002年日韓W杯のベルギー戦に出場した松田直樹さん【写真:Getty Images】

十周忌連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」2通目 FC東京コーチ・佐藤由紀彦

 かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多くのFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

【注目】日本の闘将が“遠藤の後継者”に指名 川崎22歳の芸術弾に闘莉王氏「簡単じゃない」

 松田さんの十周忌に合わせた「THE ANSWER」の連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」。その功績と人柄を語り継ぐため、生前にゆかりがあった選手・関係者らが命日となる8月4日まで連日、天国の背番号3への想いを明かす。第2回はFC東京の佐藤由紀彦コーチ。2003年から2年間、横浜F・マリノスで苦楽を共にし、現在は「松田直樹メモリアル Next Genereation」財団で活動する親友が愛した生き様とは。(構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 しゃらくさいな、コイツ。

 直樹を初めて見た時、そう思った。高校2年生の国体。自分が静岡県選抜で、直樹が群馬県選抜で対戦した。0-1で後半ロスタイムくらいまで負けている状況、絶体絶命のピンチに追い込まれていた時、ずっと煽ってきていたのが、直樹だった。

「おいおい! 相手、もうビビっちゃってるよ!」

 終始、そんな感じ。静岡弁でいう「しゃらくさい」は、むかつく、小生意気。聞いたら、同じ2年生というから衝撃で。「なんだ、コイツ」が初めての印象だった。でも、その後に世代別代表の合宿で同じ部屋になった時、会話をするうちに誤解が解けて、むしろ同類と感じた。

 あの煽りは虚勢だったのかな。自分も内心、ビビっていたから、その裏返し。そういう人間っぽいところが分かり、愛すべき人間になった。

 F・マリノスでチームメイトになっても、本能のままに動いている。それが、直樹のキャラクター。その実績、カリスマがないとできないことだと隣にいながら、いつも感じていた。右サイドからクロスを上げる時、勝手に前線に上がっていて、自由にプレーしているなって何度も思った(笑)

 ただ、当時から直樹のことはライバルだと思っているし、今もそう表現をしている。

 一番は、直樹自身が僕をライバルと思っていなくて、ずっと追いかける存在だから。ポジションもプレースタイルも違ったけど、同じ土俵に乗りたいと今まで、ずっと思い続けてきた。加えて、サッカー選手としての発信する言葉や取る行動もある。

 年齢を重ねるうちに人の目が気になるようになるけれど、本当に直感的に動ける。それが、チームのプラスに働く。「思うがままに」の姿は何歳になっても変わらなかった。同い年の自分でも魅了されたくらいだから、後輩にも本当によく慕われた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集