[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

冬のフィギュア選手は夏に何してる? 中野友加里が語るフィギュア界のオフシーズン

休みが少ない日本人選手、海外振付師は驚き「あなた、休まないの?」

――氷の上のスポーツであるフィギュアスケートの「陸トレ」はなかなか見えにくい部分ですね。具体的にどんなことをしているのですか?

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「私の場合はいろんなことをやったのですが、新横浜を拠点に練習していたので、近くに日産スタジアムがあり、1周1キロを選手みんなでランニングしたり、坂道をダッシュしたり、あとはトランポリンに挑戦して跳ぶ感覚を養ったり。スケートは左回転はしやすいですが、右回転は苦手。なので、両利きになって体のバランスを取れるようになるためにボール投げをしたり、いろんなことをしていました。トレーナーさんもついて、スケートで強化しなければいけない腹筋や体幹は週3日くらいトレーニングしていました」

――前編では世界選手権から帰国2日後には練習を始めていると聞きました。スケーターはオフシーズンも本当に休みがないんですね。

「そうですね。ただ、海外の選手は『バカンスに行ってくる』と言って、1~2週間空けて釣りをしたり、バーベキューしたりという方もいましたし、日本の中でも休む選手はいると思うので、人それぞれかなと思います。だから、海外の振付師の先生に『あなた、休まないの?』と驚かれましたね。『日本の選手はみんなすごい練習するんだね』と」

――中野さんの感覚からすると1週間のバカンスは信じられなかったのではないですか?

「ホント、その通りです! 1週間も靴を履かないなんて怖くてしょうがなかったです(笑)」

――24歳まで長いキャリアを積みましたが、その中でうまくいったオフ、うまくいかなかったオフはありますか?

「後者が21歳で迎えた2006-07年のシーズンです。その前のシーズンがすごく上り調子だったので、たくさんのアイスショーからオファーをいただきました。アイスショーは自分から出たいと言って出られるものでもなく、依頼が来るのはうれしいし、名誉なこと。なので、すべてのオファーを受けて次から次へと出てしまいましたが、ショーも練習ではないので、それなりに疲労があって回復まで時間がかかるんです。

 その年は8月までショーに出ていたため、翌月のシーズンインに練習量が間に合わなくなってしまいました。グランプリ(GP)シリーズは2試合とも満足いく結果を残せず(2、3位)。本当はシーズン中にあまり練習量を増やしてはいけないのですが、なんとか体力でカバーして練習量を増やし、世界選手権につなげることはできました。私の中で勉強になったシーズンです」

――次の年はアイスショーの出演を極力抑えたそうですね。

「うまく調整できたオフでした。オフシーズンは陸トレと氷上練習を増やして、なるべく良い練習をしようと意識したおかげでうまくいき、良い状態でシーズンを迎えられました。不安を残したままシーズンインしてしまうと、やはりそれは大会に出てしまうもの。アイスショーで得られる経験も大切ですが、不安を残さず、やり切ったと言えるところまで練習を積むことで自信がつくのではないかと経験上、思いました」

1 2 3

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集