[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

時給1000円→“億超え”クリケット選手目指す 道の駅で働く23歳日本代表候補の野心

「パワー系を見てほしい」と意気込む脇田(右から2人目)。W杯予選はアピールのチャンスだ【写真:佐野クリケットチャレンジ!!提供】
「パワー系を見てほしい」と意気込む脇田(右から2人目)。W杯予選はアピールのチャンスだ【写真:佐野クリケットチャレンジ!!提供】

W杯予選でのアピール誓う「パワー系を見てほしい」

 海外に向け、アピールする機会が今年10月にある。佐野市で開催される、8か国対抗のW杯東アジア太平洋予選だ。ここを勝ち抜き、続く2次予選も突破してようやくW杯の扉が開かれる。

【特集】世界選手権14度出場の“レジェンド”が繋ぐアイスホッケーとスポーツの魅力 / アイスホッケー・鈴木貴人さんインタビュー(GROWINGへ)

 道のりは険しいが「まずは予選で全勝して、次の予選も勝って、W杯に出場できるように。(得意な)パワー系を見てほしい」と意気込む。時給1000円から年俸数億円を超える世界へ、ハングリー精神を燃やす脇田に注目だ。

【クリケットのここが楽しい!】

 日本人がクリケットに関わる機会は、現状ではさほど多くはない。魅力は何なのか。「未だに全ての面で難しい」と語る脇田に教えてもらった。

「僕が思うのは、監督にあたる人がいないので、チーム内で作戦を決めながらできるのが一番楽しいですね」

 高校でクリケットを始めた頃から、部活顧問はいたが指揮官はいなかったという。打順や守備位置、戦術などはメンバーで相談し、最終的には主将が決めていた。選手の主体性が必要とされる点が、クリケットならではの楽しさとも言えるようだ。

■脇田康平(わきた・こうへい)

 大阪府出身の23歳。上宮学園上宮高2年時からクリケットを始める。僅か1年後の2015年、日本代表強化選手団に選出。四天王寺大に進学し、卒業後は佐川急便で半年間勤務。2020年に栃木・佐野市に移住した。現在は道の駅「どまんなか たぬま」でアルバイトをしながら海外プロ選手を目指している。170センチ、70キロ。ライトハンドペースボーラー。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集