[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

時給1000円→“億超え”クリケット選手目指す 道の駅で働く23歳日本代表候補の野心

道の駅でアルバイトをする脇田。時給1000円で働きながら夢を追う【写真:本人提供】
道の駅でアルバイトをする脇田。時給1000円で働きながら夢を追う【写真:本人提供】

警察官の試験を受験も…辞退し栃木・佐野市へ移住

 大学4年間もクリケットで活躍。「スポーツでお金を稼ぎたいとずっと思ってた」という脇田は、海外でプロ選手になることを本気で考えていた。日本ではマイナー競技だが、世界で見ればサッカーに次いで競技人口2位とも言われている。海外には、年俸30億円を稼ぐプロもいるほどだ。

【特集】世界選手権14度出場の“レジェンド”が繋ぐアイスホッケーとスポーツの魅力 / アイスホッケー・鈴木貴人さんインタビュー(GROWINGへ)

 大学4年時には警察官となるための筆記試験を受験。合格していたが「これが本当にやりたいことなのか」と思い直した。プロを目指すため辞退すると両親に宣言。最初は反対されたが「ゴリ押しして」了承してもらった。

「健康診断で7000円払った後だったので『いま言うなよ……』と困られました(笑)。割と僕は言うこと聞かないので、多分言っても無駄だと思われたんじゃないでしょうか」

 大学卒業後の2020年、佐川急便の配達員として半年間働いた後、他の日本人選手とともにクリケットが盛んなオーストラリアに渡り、地元のクラブチームで修行する予定だった。ただ、新型コロナウイルス大流行の影響は大きく、オーストラリアに行くことはできなかった。

 日本国内にいながら、本気で海外のプロ選手を目指すならどうすればよいか。考えた末に佐野市への移住を決めた。

 佐野市は“クリケットのまち”として地方創生を進めている。日本で唯一の国際規格グラウンド、雨が降っても練習できる施設があり、日本クリケット協会の本部も置かれている。「いずれは行ってみたいと思っていた」という日本最高の環境でレベルアップし、海外挑戦に備えることにした。

 現在は道の駅「どまんなか たぬま」でアルバイトをしながら、合間を縫って練習に励んでいる。栃木名産のいちご「とちおとめ」など新鮮な農産物を中心に販売。時給1000円、陳列やレジ打ちなどが仕事だ。

「大阪弁が出るので、お客さんから『どこから来たの?』と言われることもあります。話が広がるので、クリケットをやっていることは伝えるようにしてますね」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集