[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本バスケ初の1億円プレーヤー 167cm富樫勇樹、未来の“小さな巨人”に贈る身長論

バスケットボール・Bリーグ千葉ジェッツの富樫勇樹が「THE ANSWER」の単独インタビューに応じ、背の低いジュニア選手へのメッセージを贈った。身長167センチながら抜群のスピードや技術で日本代表のポイントガード(PG)を務めるまでになった27歳。2019年には日本バスケ界初の1億円プレーヤーとなった。長身が絶対的に優位な競技でいかにして活躍の場を切り拓いてきたのか。競技生活20年間の経験を聞いた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

167cm富樫勇樹は長身が優位な競技でいかにして成長したのか【写真:Getty Images】
167cm富樫勇樹は長身が優位な競技でいかにして成長したのか【写真:Getty Images】

ジュニア選手へ、27歳の日本代表PGが贈る言葉「自分の気持ちに素直になって動く」

 バスケットボール・Bリーグ千葉ジェッツの富樫勇樹が「THE ANSWER」の単独インタビューに応じ、背の低いジュニア選手へのメッセージを贈った。身長167センチながら抜群のスピードや技術で日本代表のポイントガード(PG)を務めるまでになった27歳。2019年には日本バスケ界初の1億円プレーヤーとなった。長身が絶対的に優位な競技でいかにして活躍の場を切り拓いてきたのか。競技生活20年間の経験を聞いた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】「子どもの目指す場所ができた」 日本に与えたB.LEAGUE誕生の意義 / バスケットボール・富樫勇樹選手インタビュー(GROWINGへ)

◇ ◇ ◇

 高校でアメリカに行った時、身長が低くてどんなことに苦労しましたか。

 富樫は中学卒業後、新潟からアメリカの名門モントローズ・クリスチャン高へと留学した。身長は今とほとんど変わらない。周りは2メートル級の選手がゴロゴロいる。そんな危険すら感じる環境でも、最初の問いに対する返答は歯切れが悪かった。「苦労ですか。まあ、なんだろうな……」。そもそも「苦労」とは捉えていなかったのかもしれない。

「身長差があることをわかって行ったし、監督もわかって(入学させて)いた。ディフェンスでどうしようもないと感じてしまうことはあったけど、そこはどうするも何もない。もう小さいというより、小さすぎる。頑張りようがなかったし、頑張ってもどうしようもなかった」

 割り切っていた。どう抗っても、努力で背を伸ばすには限界がある。身長差を埋めるような戦い方は諦めるしかなかった。「(身長差を)大きく気にしなくなったのは高校時代。フォーカスしても何も変わらないので、自分にできること、良さを理解してそれを試合で最大限出すしかない」。コーチにも長所を伸ばすよう後押しされ、得たものを試合で出せるかどうかを評価された。

 いいシュートを打てなければボールを回す堅実なチームスタイル。試合をコントロールするPGとして、コミュニケーションスキルを磨く必要性を教えられた。言葉も通じない環境で試合に出るためには、自分からアピールすることは絶対条件。飛び抜けた実力で自然と出番が回ってきた日本時代とは大きな違いだった。「ほんっとにシャイだった」という中学生が異国の3年間で成長。「性格的に変わったことで今の自分がある」と振り返る。

 背の低い選手が比較的多いポジション。広い視野や判断力も求められる。昨シーズンのB1では、富山の山口祐希と並ぶリーグ最小。19年11月にはプロ通算4000得点、昨年12月にはB1史上初の3ポイントシュート成功500回を達成した。年俸1億円の価値を生む超攻撃的PG。今でこそ得点を量産するが、一つの転機はプロ入り時に訪れた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集