[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

久保建英は己の弱さを知っている 恩師が認める“自己分析力”「それが建英の強み」

サッカー日本代表FW久保建英はラ・リーガ1年目のシーズンでレアル・マドリードから期限付き移籍したマジョルカで、35試合出場4得点4アシストという結果を残し、ビジャレアルへのステップアップを飾った。10歳からサポートしてきたプロトレーナーの木場克己氏(COREトレSTUDIO with 接骨院)は弛まざる努力で課題を克服してきた、卓越した“自己分析力”を評価している。

ビジャレアルの久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルの久保建英【写真:Getty Images】

木場トレーナーが証言「10歳の時点で弱点を把握していた」

 サッカー日本代表FW久保建英はラ・リーガ1年目のシーズンでレアル・マドリードから期限付き移籍したマジョルカで、35試合出場4得点4アシストという結果を残し、ビジャレアルへのステップアップを飾った。10歳からサポートしてきたプロトレーナーの木場克己氏(COREトレSTUDIO with 接骨院)は弛まざる努力で課題を克服してきた、卓越した“自己分析力”を評価している。

【特集】「自分がそこで負けないこと」なでしこジャパンで立つ“夢舞台”へ秘める闘志 / サッカー・清水梨紗インタビュー(GROWINGへ)

 新天地でもじわじわと存在感を発揮している久保。25日の2部テネリフェとのプレシーズンマッチでは新天地初となる先発出場を果たした。

 新型コロナウイルスの影響でオフが短かったため、休暇で日本に戻ってこなかった久保を直接指導する機会はなかったが、4-4-2の右サイドでプレーした試合の映像を確認し、コンディションチェックは続けている。

「トレーニングをスタートさせたのは10歳の時。天才少年として話題になっていましたが、プロではありません。体幹の強さも普通のサッカー少年とそこまで変わらない。柔軟性に課題がありました。そこで、指導を始めるに際して、サッカー選手にとって大事な体幹部分の弱点を伝えました。体の具体的な部位を示して、股関節周りの柔軟性が足りないと、シュート力が落ちる。体幹と臀部の連動性を改善しないと、将来怪我をしやすくなるリスクがある、と」

 木場氏はバルセロナの下部組織に所属していた10歳からフィジカル面の強化をサポートしてきた。トップクラスのアスリートの指導を手がけ、新たに女性向けのボディメークサロン「CBH(コアビューティヒップ)」をオープンする恩師は、小柄な10歳の久保少年について、天才少年として知られていたものの、当時は体幹トレーニングは未経験。体幹の強さやバランス能力は平均的なレベルだったと振り返る。だが、コミュニケーションを重ねるにつれて、異質で、大人びた印象を感じたという。

1 2

木場 克己

KOBA式体幹バランストレーニング協会代表

プロトレーナー

 小2年で柔道を始め、小6の南九州柔道大会で優勝、優秀選手賞を獲得。中3で県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。高校でレスリングを始め、56キロ級九州大会で優勝。インターハイ、国体は団体戦3位。腰椎圧迫骨折で現役を退き、医療人の道へ。鍼灸師、柔道整復師、FC東京ヘッドトレーナー(95~02年)、G大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)、長友佑都専属トレーナー。

URL:http://kobakatsumi.jp/

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集