[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

久保建英は己の弱さを知っている 恩師が認める“自己分析力”「それが建英の強み」

弛まぬ努力の成果強調「19歳にして体幹とバランス力は世界基準」

「小学校4、5年の子供達を指導する場合ですが、始めは親御さんが連れてきます。なぜこのトレーニングが必要なのか、という説明を最初にするのですが、理解できないケースも多い。一方で建英は10歳の時点で、大人やプロアスリート以上に自分に足りないもの、弱点を把握できていました。しっかりと課題に向き合っていた印象があります」

【注目】久保建英、南野拓実らが本格開幕! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 バルセロナの下部組織時代も日本にいる間は、木場氏のジムに足を運び、指導を受けていた久保。体幹と柔軟性の強化という当時の弱点改善に取り組む理解力は、幼少期からずば抜けていたという。

「弱点を把握する力があったからこそ、ここまで成長したとも言えるかもしれません。スペインの試合でもそうですが、ドリブルでの競り合いでもブレません。19歳にして、体幹とバランス力は世界基準だと思います。大きな怪我をしてから本格的に体幹トレーニングをスタートするアスリートが多い中、彼は怪我をする以前から真剣に取り組んでいます。柔軟性も高まってきました。足りないものや、弱点を把握する力、プロ意識が高い。それゆえに大きな怪我がいまだにない。それが建英の強みですね」

 愛弟子の成長に目を細めていた木場氏。新シーズン、日本サッカーの至宝はどんな成長を見せてくれるだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2

木場 克己

KOBA式体幹バランストレーニング協会代表

プロトレーナー

 小2年で柔道を始め、小6の南九州柔道大会で優勝、優秀選手賞を獲得。中3で県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。高校でレスリングを始め、56キロ級九州大会で優勝。インターハイ、国体は団体戦3位。腰椎圧迫骨折で現役を退き、医療人の道へ。鍼灸師、柔道整復師、FC東京ヘッドトレーナー(95~02年)、G大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)、長友佑都専属トレーナー。

URL:http://kobakatsumi.jp/

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集