[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

阪神を足から変えた“走りのプロ”の革命 選手も驚き「もう10年早く知りたかった」


「今からでも走りは変えられます」と力説する秋本氏【写真:編集部】

「走り方次第で怪我はなくなる」…走りの見直しで野球界全体のレベルアップも

 以前、走塁中に故障した投手に「もう全然、痛くならないです」という声を耳にした。投手陣だけではない。鳥谷には「守備位置までのダッシュに疲れを感じなくなった」と言われ、日米で活躍してきた大ベテラン・福留孝介には「もう10年早く、この内容を知りたかった」と言われた。実際に変化を感じた選手の言葉が、効果の大きさを物語っていた。

「肉離れしないフォームを作ることの価値は大きな発見でした。世間からは“足を速くする職業”をそういう目で見られない。でも、自分自身は現役時代にフォームが原因で何回も肉離れして気づいていた。だからこそ、走り方で怪我はなくなるということは今後も打ち出していきたい。そういう変化は感じました」

 今月6日には再び、大阪に出向き、阪神の2軍選手のフォームチェック。そして、CSを控える1軍選手に対しては、実践的な指導も行った。就任当初、「陸上選手に盗塁の何がわかるんだ」「赤星を呼んで指導させた方がいい」などと厳しいファンの声も聞こえてきたが、今、1年間をこう振り返る。

「絶対に足を速くして、怪我人をなくして、野球に生かしてやろうと思っていました。1年前の秋季キャンプから始まり、年間を通して関わって、成果が出たことはうれしい。ただ、それもCSの結果次第。機動力を発揮して勝ってくれたら、いっそううれしいですね」

 今年、阪神で革命的な指導で実証したように、野球の基本となる走りが球界全体で見直されれば、故障が減ってレベル向上につながる。国際舞台において機動力を生かしたスモールベースボールがより強力な武器になる可能性だってある。「足を速くする。でも、怪我はさせない。その2つに関しては自信があります」と言った上で、秋本氏は言葉に力を込めた。

「若いうちにやらないとダメじゃない。自分は100メートルの自己ベストを出したのは27歳で、34歳まで10秒台で走っていた。年齢に関係なく、走りの技術を磨けば速く走れる。もう足は諦めて打撃だけで生きていこうと思う選手がいるとするなら、そういう選手に対して、引き出しを作っていきたい。選手の皆さんに言いたいです。今からでも走りは変えられます、って」

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2 3 4

秋本 真吾

 2012年まで400mハードルのプロ陸上選手として活躍。オリンピック強化指定選手にも選出。

 2013年からスプリントコーチとしてプロ野球球団、Jリーグクラブ所属選手、アメリカンフットボール、ラグビーなど多くのスポーツ選手に走り方の指導を展開。

 地元、福島県「大熊町」のために被災地支援団体「ARIGATO OKUMA」を立ち上げ、大熊町の子供たちへのスポーツ支援、キャリア支援を行う。
2015年にNIKE RUNNING EXPERT / NIKE RUNNING COACHに就任。
http://001sprint.com/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集