[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NBA選手を目指す子供たちへ 元バスケ日本代表・渡邉拓馬氏「楽しく、考えながら」

バスケットボールの元日本代表・渡邉拓馬氏が9月30日、福島県福島市の荒井小学校体育館で行われた「東北『夢』応援プログラム」の夢宣言イベントに参加。生まれ育った地元の“後輩”たちにバスケットボールの楽しさと目標を持って夢に向かうことの大切さを教えた。Bリーグのアルバルク東京や日本代表で活躍し、現在は3人制バスケ「3×3」をプレーする渡邉氏は、人見知りしない「荒井ミニバスケットボールスポーツ少年団」の子供たちとすぐに打ち解け、歓声と笑顔の絶えない2時間となった。

バスケットボールの元日本代表・渡邉拓馬氏と「荒井ミニバスケットボールスポーツ少年団」の子供たち【写真:村上正広】
バスケットボールの元日本代表・渡邉拓馬氏と「荒井ミニバスケットボールスポーツ少年団」の子供たち【写真:村上正広】

故郷・福島の小学生15人を直接指導、歓声と笑顔の絶えない2時間に

 バスケットボールの元日本代表・渡邉拓馬氏が9月30日、福島県福島市の荒井小学校体育館で行われた「東北『夢』応援プログラム」の夢宣言イベントに参加。生まれ育った地元の“後輩”たちにバスケットボールの楽しさと目標を持って夢に向かうことの大切さを教えた。Bリーグのアルバルク東京や日本代表で活躍し、現在は3人制バスケ「3×3」をプレーする渡邉氏は、人見知りしない「荒井ミニバスケットボールスポーツ少年団」の子供たちとすぐに打ち解け、歓声と笑顔の絶えない2時間となった。

 渡邉氏が生まれ育ったのは、福島県福島市。この日、クリニックに参加した小学2年生から6年生までの15人にとっては、憧れの大先輩にあたる。渡邉氏が体育館に姿を見せると、すでに集合していた子供たちは待ちきれない様子で駆け寄り、大きな声で「よろしくお願いします!」と元気に挨拶。「今日は上手くなるために必要なこと、そして考えることの大切さを皆さんに伝えたいと思います」という渡邉氏の言葉を、目を輝かせながら聞き入った。

 子供たちは、まず3分間の鬼ごっこでウォームアップ。さらに、2人一組となり、置かれた2つのコーンの周りを追いかけっこしたり、3つのコーンの周りを追いかけっこしたり。基本的なパスの練習では「バスケでは指の使い方が大事。手のひらは使わずに指の腹でボールを操ること。そして、重心は低く頭の位置を変えないようにパスをしてみましょう」というアドバイスに従いながら、子供たちはクリニックに没頭していった。中でも、目からうろこが落ちた様子だったのは「ボールを片手で操れるようにしよう」というアドバイスを受けた時だ。

「体の正面ではなく左右にずれたパスが来た時、ボールを両手で取りにいくよりも片手でキャッチ出来た方が、手の届く範囲が広がります。左に飛んできたボールを両手で掴むより、左手だけでキャッチ、パスができれば、これだけ遠くまで手が届くんだよ」

 そう言いながら、渡邉氏が両手でボールを取りにいった時と、片手で取った時の届く範囲の違いを、実際に体で示してみると、子供たちは「おぉ、違う」「すごい」と感激の様子だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集