[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

為末大「努力は夢中に決してかなわない」 選手を競技に没頭させる指導のヒント

ロールモデルは遠い存在、近い存在、両方いるといいと為末氏は語った【写真:堀浩一郎】
ロールモデルは遠い存在、近い存在、両方いるといいと為末氏は語った【写真:堀浩一郎】

ロールモデルは遠い存在、近い存在、両方いるといい

 話は変わりますが、中学生や高校生の選手にもロールモデルがいた方がいいのでしょうか、という質問を受けることがあります。ロールモデルを持つこと自体はいいのですが、いくつか落とし穴があります。

 例えば、すごい人をロールモデルにすると、「遠すぎて届かない」という気持ちが生まれ、あきらめてしまうリスクがあります。また、ロールモデルがやっていることをただマネするのも問題があります。例えば、イチロー選手がカレーを食べているから、カレーを食べるとか。いろいろな背景やロジックが積み重なった上で、行われていることなのに、本質が抜けたまま、単に分かりやすい部分だけマネをする。それではかえって害になってしまいます。

 もうひとつの落とし穴は、選手が自身で考えるのを放棄してしまうことです。

 一方で、身近な人をロールモデルにするのは参考になることが多いので、近くにいる人をキャッチアップするのはいいと思います。遠く、近く、両方のロールモデルを持つのをオススメします。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集