[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

石川直宏×馬場憂太 個が突き抜けていた“元FC東京コンビ”が思う「個の育て方」

2019年の年の瀬。福岡・博多市内の商業ビルの屋上にあるフットサルコート、雨を吹き飛ばすような熱気で子供たちがボールを蹴っていた。そんな様子を見守っていたのが、JリーグのFC東京でMFとして活躍した馬場憂太さん。この場所で行われているサッカースクール「LUPINUS(ルピナス)サッカースクール」を主宰する36歳だ。

馬場憂太さん(左)と石川直宏さん【写真:編集部】
馬場憂太さん(左)と石川直宏さん【写真:編集部】

馬場さんが主宰する福岡の「LUPINUSサッカースクール」で対談が実現

 2019年の年の瀬。福岡・博多市内の商業ビルの屋上にあるフットサルコート、雨を吹き飛ばすような熱気で子供たちがボールを蹴っていた。そんな様子を見守っていたのが、JリーグのFC東京でMFとして活躍した馬場憂太さん。この場所で行われているサッカースクール「LUPINUS(ルピナス)サッカースクール」を主宰する36歳だ。

 この日行われたのは、通常の教室とは異なり、ゲストを呼んだ特別イベントだった。馬場さんの元同僚で、FC東京で長年活躍した元日本代表MFの38歳、石川直宏さんらが駆け付けた。しきりに雨が降る悪コンディションながら、地元の小学生とともに汗を流し、充実のひと時を過ごしたが、2人はイベント前に対談を行っていた。

 馬場さんは抜群のテクニックと高い得点能力を武器にして活躍。FC東京ユース時代にクラブユース選手権で得点王&MVPを獲得し、日本一になるなど非凡な才能を発揮するなど、クラブ初のトップ昇格を果たすと、U-18からU-20にかけて世代別代表を経験。その後は千葉、山形、東京V、韓国・大田を経て、13年に29歳の若さで引退。FC東京サッカースクールで指導を経験し、17年から「LUPINUS(ルピナス)サッカースクール」を立ち上げ、指導者に転身した。

 2年先輩にあたる石川さんも若い年代から頭角を現し、横浜F・マリノスユースからトップチームに昇格。02年にFC東京に移籍すると馬場と同僚となり、04年アテネ五輪代表に選出。フル代表でも6試合に出場した。度重なる怪我に苦しみながらも現役18年でJリーグ通算315試合に出場し、18年1月に引退後は地域・社会連携を中心に、育成年代の指導など、幅広い活動を行っている。

 そんな2人が現役時代の思い出から、互いの育成・指導論、サッカー界の勝利至上主義まで、本音で語り合った。言葉の節々から、サッカー界の未来に対する熱い想いが見えた。

 ◇ ◇ ◇

 2人の出会いは、サッカーW杯日韓大会で列島が揺れた18年前に遡る。石川さんが20歳で横浜FMからFC東京に移籍した02年シーズン途中の4月。初めて会った日のことを、互いに鮮明に覚えている。

石川「寮に入って、身支度をしている時に一番、最初に声をかけてくれたのが憂太。当時はもうトップチームでデビューしていたし、FC東京のアカデミー出身でプロ1号。どんな選手だろうと思っていたら『直さん!』って、突然。僕も初めての移籍で多少の不安があったけど、それが印象的だった。グラウンドでは憂太がトップ下に入ることが多くボールを出す側で、僕はボールを引き出す側。技術がしっかりしていてアイデアがあり、伸びしろがある選手だと思っていました」

馬場「自分も初めて会った時のことは今でもよく覚えています。寮にいたら『直さんが来る』と聞いて、駐車場が見える部屋だったので、来たらすぐに挨拶しようと。当時から物凄くカッコ良くて、早く話がしたかった。それが一番に覚えていることです。これから直さんとチームメイトとしてサッカーができるんだと思って、早く一緒にスタメンでやりたいと考えるだけで気持ちがワクワクする感覚が今でも記憶に残っています」

 FC東京では6年間、一緒にプレー。馬場さんは08年に千葉に移籍し、以降は山形、東京V、韓国と渡り歩いて13年限りでユニホームを脱いだ。引退後に選んだのは、ジュニア年代の指導。先輩の石川さんもその後のキャリアを気にかけていた。

石川「人としては、いろんな人に愛される性格。周りに協力してもらいながら、自分の歩むべき道を進めるんじゃないかと思っていた。選手としては自分の感覚を凄く大切にしているタイプ。あとは怪我も多く、移籍もしていて、そういう感覚をどう伝えるのか。それは凄く難しいので。憂太は人にはない感覚を持っていたので、それをどう子供に落とし込むのか、気になっていた。最近、A級ライセンスの講習も一緒になって、指導者としてしっかり積み上げをしていると思います」

 馬場さんも17年に川崎で始めたスクールを翌年から福岡でも展開し、順調にステップアップ。指導者としても手応えを掴み始めている。ベースにあるのは、自身が小・中学校時代に在籍した強豪・三菱養和SSだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集