[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロフォード、マクレガー戦が急浮上 アラム氏明言「UFCルールでも不利にならない」

ボクシングの米興行大手トップランクのボブ・アラムCEOはWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が、総合格闘技団体「UFC」で1年3か月ぶりの復帰を衝撃の40秒殺で飾ったコナー・マクレガー(アイルランド)と異種格闘技戦に臨む可能性を明らかにしている。

テレンス・クロフォード(左)とコナー・マクレガー【写真:Getty Images】
テレンス・クロフォード(左)とコナー・マクレガー【写真:Getty Images】

PFP4位の実力者に異例のMMA挑戦の可能性が浮上

 ボクシングの米興行大手トップランクのボブ・アラムCEOはWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が、総合格闘技団体「UFC」で1年3か月ぶりの復帰を衝撃の40秒殺で飾ったコナー・マクレガー(アイルランド)と異種格闘技戦に臨む可能性を明らかにしている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)と共同プロモート契約を結んだトップランク社の総帥は、米スポーツ専門局「ESPN」やトップランクで勤務経験のあるジャーナリスト、マイケル・ウッズ氏の運営する米サイト「トーク・ボックス・ウィズ・マイケル・ウッズ」に電話出演。同社がプロモートするクロフォードの次戦について質問が及ぶと、アラム氏は2017年に元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザーとのボクシングマッチで巨万の富を稼いだマクレガーの名前を自ら出した。

「マクレガーはメイウェザーやパッキャオに対戦を呼びかけているが、私としてはクロフォードにマクレガーと戦ってほしい」

 リング誌選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ではサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、井上に続く、4位のクロフォードはスーパーライト級時代に4団体統一。現役屈指の存在が、異種格闘技戦に参戦する可能性があるというのだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集