[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

かつての弱小サッカー部が掴んだ夢の全国 部員160人を支えた“女子マネ2人の献身”

マネージャーは「嫌われ役」…うるさがれ、ぶつかり、へこんでも全うした2年半

全員合宿の真っ最中、早朝から消灯まで休む間もなく動き続ける【写真:荒川祐史】
全員合宿の真っ最中、早朝から消灯まで休む間もなく動き続ける【写真:荒川祐史】

 一方の大久保さんは、中学まではバレーボール部に所属。「高校でしかできないことをやりたい」とマネージャーを希望。「父には、選手を辞めて後悔しないか? と念を押されました。マネージャーの仕事は大変だけど楽しい。逆に、迷ってここにいなかったら、後悔していたと思います」

 毎年、マネージャー志望の生徒も多いが、サッカー部では1学年1人の採用が基本。入部の際、「生半可な気持ちでは務まらない」と豊島監督から厳しく言われた、と振り返る。

「友達からも『男子ばかりだし、ユニフォームは汚いしで嫌じゃない?』とか『水用意するとか面倒だよね』とか言われます(笑)。それに、マネージャーって結構、嫌われ役。監督・コーチからの伝達事項を選手に伝える立場なので、うるさがれることも多いんです。人と人なので、ぶつかることもあるし、へこむこともある。でも、自分で希望したことだし、苦に感じたことは一度もありません」(新井さん)

 豊島監督も2人の働きぶりに助けられている、と話す。「彼女たちは選手だけでなく、指導陣の言葉も常に拾っている。例えば、我々の誰かが『○○にコレを伝え忘れたなあ』と言えば、その瞬間に呼びに走っている、という具合です」

 しかし、本人たちは「160人もいると、私たちから情報を拾っていかないと、誰が何をやってほしいかが伝わってこないから」とサラリと返す。「逆に流れがつまずけば、『先にやっておけよ』と思われるのは私たち。だからちょっとでも疑問があればどんどん聞くし、先回りできることは先にやっちゃいます」(新井さん)

 冒頭で触れたように、現3年生は1年生の時から、全国出場を見据えた強化を続けてきた。「絶対に全国に行けるぞ」。豊島監督の言葉に、選手たちの意気も揚がった。

「他の学年は、サッカーが合わなかったり受験だったりと、いろんな理由で退部していく選手がいました。でも、私たちの代は3年になるまで、選手52人、誰ひとり退部しなかった。全員が『絶対に全国に行く』という気持ちに合わせてやってきたので、どの学年よりも団結力だけは強いと思います」(新井さん)

 実際、2年時から『全国』の2文字が現実味を帯びてくる。しかし、昨年は全国高校サッカー選手権大会の予選決勝で、今年の春は関東大会予選ベスト4で敗退。いずれも、「あと1つ勝てば東京代表」という試合で敗れ、関東、そして全国への道を閉ざされた。

 いよいよ迎えた、最後のインターハイ予選。新井さんは「何か御守になるものを」と思い立ち、3年生52人分のユニフォームのマスコットを手作りする。すべてのマスコットには各選手の練習試合用の背番号を入れ、手渡した。

「公式戦の背番号を与えられるのは、一部の選手だけ。でも、練習試合用の背番号は、学年ごとに決まっていて、全員が持っています。自分たちの代で全国大会出場を決めるなら、この背番号じゃないと意味がない、と思って」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集