[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

かつての弱小サッカー部が掴んだ夢の全国 部員160人を支えた“女子マネ2人の献身”

苦しみ、掴んだ悲願のインハイ切符「全員にとって未知の世界、これから先のことは…」

全国大会優勝に向けて、大成高校サッカー部の熱い夏が幕を開ける【写真:荒川祐史】
全国大会優勝に向けて、大成高校サッカー部の熱い夏が幕を開ける【写真:荒川祐史】

 大成は初戦の日大鶴ケ丘戦こそ6-0と大勝するものの、その後は延長戦続きとなり、辛くも勝利する。そして、全国をかけた準決勝の相手は、豊島監督の母校でもある古豪・帝京。またしても試合は延長戦にもつれ込み、それでも決着がつかず、PK戦へ。最後は大成の9人目キッカーが決めて、ついに全国への切符を手に入れた。

「PKが決まった瞬間、うれしくて涙は出るんだけど、全国に行けるんだ、という実感がわかなくて、不思議な気持ちでした。でもその後、『インハイが決まったのはマスコットのおかげだよ』と選手のお母さんたちに言われて、グッときました」(新井さん)

 さて、大成は、現2年生の大久保さんを最後に、女子マネージャーを採用していない。今後は、選手たちをステップアップさせる意味で、「自分たちのことは自分たちでやる」環境にシフトしていくという。

「2人だけになってから、選手たちも自然と自分たちで動くようなりました」と新井さん。「でも、どの高校もマネージャーの仕事は変わりません。だから160人いるから私たちが大変なのではなく、マネージャーが少ない分、むしろ選手自身がやることも多いんですよ」

 代々、マネージャーに受け継がれていた伝統行事もある。クリスマスにはケーキを焼き、バレンタインデーにはチョコレートを作る。もちろん、部員全員分だ。そして、選手権予選前には、ミサンガを編んで渡すのだ、という。

 来年は女子1人になって大変そうだね、というと「うちの代の選手は、よく協力してくれるから大丈夫」と大久保さん。「逆に私が何とかやっていけているのも、彼らのおかげです」(大久保さん)

 マネージャーを続けてきて良かったことは、「チームとともに、自分も成長できること」と新井さん。「結局、私たちにできることは、練習や試合に集中できるよう、フォローすることぐらいです。選手からは厳しいこともたくさん言われるけれど、自分にプラスになることばかりだから、感謝しています」。

 インターハイでは初戦、名経大高蔵(愛知)と対戦する。「どこの高校と当たっても、うちより格上」と豊島監督。それでも、出場するからには優勝を目指す、と話す。「私自身を振り返っても、全国で戦った経験は何よりの財産として残っている。『初出場の学校が何を言っているんだ?』と思われるかもしれませんが、選手たちが一歩も引かない覚悟で試合に臨めるよう、しっかりと導いていきたい」

「都の準決勝から沖縄入りまで、本当にあっという間。全国という舞台は全員にとって未知の世界だし、これから先のことは……よくわかりません(笑)。実際に沖縄に入ったら、色々と、実感が生まれるのかな」(新井さん)

 キックオフは7月26日。大成高校サッカー部史上初の、熱い夏が幕を開ける。

◇インターハイのサッカー男子は7月26日から8月1日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集