[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

かつての弱小サッカー部が掴んだ夢の全国 部員160人を支えた“女子マネ2人の献身”

南部九州総体(インターハイ)2019男子サッカー東京都代表として、初の全国大会出場を決めた、私立大成高校。チームを率いる豊島裕介監督が、サッカー部の指揮官に就任したのは約14年前。今大会は監督にとっても、まさに悲願の初出場だ。

大所帯のサッカー部を切り盛りする、女子マネージャー、新井美紀さん(右=3年)と大久保柚さん(2年)【写真:荒川祐史】
大所帯のサッカー部を切り盛りする、女子マネージャー、新井美紀さん(右=3年)と大久保柚さん(2年)【写真:荒川祐史】

インターハイで夢の全国初出場、大成を支えた荒井美紀さん、大久保柚さんの奮闘

 南部九州総体(インターハイ)2019男子サッカー東京都代表として、初の全国大会出場を決めた、私立大成高校。チームを率いる豊島裕介監督が、サッカー部の指揮官に就任したのは約14年前。今大会は監督にとっても、まさに悲願の初出場だ。

「サッカー部に就任して1週間後、初めて迎えた試合が総体予選。隣の都立高校に0-5で負けたところからのスタートでした。地区の3部リーグに始まり、1年1年、階段を上って来た。全国から人を集めるでもなく、サッカーエリートでなくても、こうやって表舞台に立てる。部員がここまで増えたのも、そんな夢と希望を感じてくれたからだと思います」

 かつての弱小サッカー部も、今や総勢160人を抱える大所帯。しかし、意外にも中学時代に全国大会を経験した選手はいない。

「所謂、エリート選手は1人もいません。今の3年生には1年生の時に『自分の足りない部分を知ってほしい』と、全国の強豪高校と、とにかく試合をさせました。それから2年間、苦しい時期もあったが、選手たちは必死に取り組んできた。

 本大会出場が決まり、卒業した選手たちの顔も思い出されました。彼らが大成サッカー部の卒業生だと胸を張って言える日がきたことも、うれしいですね」

 この大所帯のサッカー部を切り盛りしているのは、2人の女子マネージャー、新井美紀さん(3年)と大久保柚さん(2年)。

 大成サッカー部は、2、3年生4カテゴリー、1年2カテゴリーの計6カテゴリーに分かれる。チームの管理を一切合切任されている2人は、役割分担をしながら時には練習、試合、遠征と別れる6カテゴリーをケアする。

「どちらかがグラウンドにいないといけないので、2人のスケジュールを組むのが大変」と話すのは新井さん。上級生の彼女がマネージャーの配置・役割を組み立てるが、どうしてもマネージャーが現場に行けない場合は、選手たちに仕事を引き継ぐ。

 取材に訪れた日は、インターハイ前の全員合宿の真っ最中。それこそ早朝から消灯まで休む間もない様子だ。グラウンドでは、ドリンクやビブスを準備し、時にはスクイズボトルを詰めた15キロのケースを持って、グラウンドを走る。ケガ人が出れば応急処置をし、練習前後のテーピング、アイシングも彼女たちの仕事だ。

「合宿中は、部屋に戻ると秒速で寝ている」という2人。「夜、洗濯したことも覚えていません」と笑う。

 子どもの頃から新体操をやっていた新井さんは、東京ディズニーランド(TDL)のダンサーになることを夢見た時期もあった。しかし、ケガが続いたため、選手としては中学生で退く。次に見つけた目標は「TDLで人と関われる仕事をすること」。将来の目標が、マネージャーになるきっかけになった。

「中学までは新体操一色。人のためにできることは何もなかったけれど、選手からサポートする側に回れば、人の気持ちを汲み取れるようになれるかなと考えました。しかも、マネージャーならば対応力も身につく。サッカーは好きだったので、やってみようかなと思ったんです」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集