[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

部活後に毎晩8~11時まで勉強 偏差値70の桐朋から誕生、8種競技日本一・高橋諒の思考

陸上の全国高校総体(インターハイ)が3日に開幕し、5日間にわたって熱戦が繰り広げられている。「THE ANSWER」は文武両道に励み、全国の大舞台に出場した選手たちをピックアップ。4、5日に行われた男子8種競技では、昨年度東大合格者11人を輩出した東京の進学校、桐朋・高橋諒(2年)が大会2連覇を達成。週5日の練習の傍ら、毎晩8~11時まで勉強をする習慣があるといい、「近くにいる頭の良い人に自然と感化される」と明かした。

男子8種競技で大会連覇した桐朋・高橋諒【写真:荒川祐史】
男子8種競技で大会連覇した桐朋・高橋諒【写真:荒川祐史】

陸上インターハイの“文武両道アスリート”男子8種競技 桐朋・高橋諒(2年)

 陸上の全国高校総体(インターハイ)が3日に開幕し、5日間にわたって熱戦が繰り広げられている。「THE ANSWER」は文武両道に励み、全国の大舞台に出場した選手たちをピックアップ。4、5日に行われた男子8種競技では、昨年度東大合格者11人を輩出した東京の進学校、桐朋・高橋諒(2年)が大会2連覇を達成。週5日の練習の傍ら、毎晩8~11時まで勉強をする習慣があるといい、「近くにいる頭の良い人に自然と感化される」と明かした。

 ◇ ◇ ◇

 五輪などの10種になると、勝者は「キング・オブ・アスリート」とも称される過酷な混成種目。8種競技の魅力を、高橋はこう語る。

「もし1種目に絞って、記録が伸びないことがあると、悩むこともある。でも、8種目あると、あまり練習ができない種目もあるんです。いわば、自分がゼロに近い状態。いろんな種目をやって、極めていないからこそ、どれも自分がちょっとずつ伸びていくのが楽しいんです」

 2日間を戦い抜いて5992点を記録し、1年生に続いて大会連覇という快挙を飾った。

 一橋大もほど近い東京・国立市にある桐朋は、偏差値70といわれる私立進学校。政財界、学者など多方面に人材を輩出し、作家・赤川次郎の母校としても知られる。昨年度は東大11人など、既卒を含め150人の国公立大合格者が生まれた。

 高橋は、中学から桐朋の門を叩いた。

 中学受験した3つ上の姉に影響され、小4から塾に通った。陸上はクラブに所属せず、個人で東京陸協所属で大会に出場。競技と並行しながら桐朋中に合格した。「校舎を見に行ったら、めちゃくちゃ綺麗で。男子校で雰囲気も良さそうだなって」と学び舎を選んだ。

 競技で転機となったのは中1の冬。指導者のススメで4種競技に転向し、高い身体能力を持ったオールラウンダーの素質が花開いた。

 内部進学した桐朋1年夏に出場したインターハイで高1歴代最高の5528点を叩き出し、いきなり日本一。「今年も歴代記録を狙いたかったけど、3月に肉離れをしたり、怪我が多い時期があった。記録を狙うには厳しくてもインターハイ1位、大会2連覇を狙っていた」との宣言通り、V2を達成した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集