[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 川口能活は今J3で― 41歳でも現役にこだわる理由、「消えない2つの記憶」とは

川口能活は今J3で― 41歳でも現役にこだわる理由、「消えない2つの記憶」とは

時を遡ること1か月半前。7月16日、相模原ギオンスタジアムで行われたJ3戦で一つの大記録が生まれた。SC相模原のGK川口能活が鹿児島ユナイテッドFC戦に先発フル出場。J3リーグ戦の最年長出場記録を更新した。刻まれた数字は「41歳11か月1日」である。

「このままで終われない。終わりたくないんです」…15年前、異国の地で見た風景

 時を遡ること1か月半前。7月16日、相模原ギオンスタジアムで行われたJ3戦で一つの大記録が生まれた。SC相模原のGK川口能活が鹿児島ユナイテッドFC戦に先発フル出場。J3リーグ戦の最年長出場記録を更新した。刻まれた数字は「41歳11か月1日」である。

 サッカーファンでなくとも、その名前を知っているだろう。

 日本代表として4度ワールドカップに選出。神懸かり的なセーブを連発し、長く日本のゴールマウスを守り続けた。96年アトランタ五輪で「マイアミの奇跡」を演じた21歳も、不惑を超えた。かつて英プレミアリーグでプレーし、「炎の守護神」と呼ばれた男の現在の主戦場はJ3。それでも、ピッチに立っている。

 なぜ、川口能活は現役にこだわるのか――。

「このままで終われない。終わりたくないんですよね」

 そう語ったのは、記録達成から2日後の18日のこと。喋りかけた相手は、自らの年齢の半分にも満たない高校生である。大塚製薬が企画し、サッカー、バレーボール、バスケットボール、柔道、テニス、バドミントンを通じて全国170校の部活生を応援する「ポカリスエット エールキャラバン」の一環で徳島市立高を訪問した。

 全校生徒を対象した講演の中で、今、胸に秘める想いを明かした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー