[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

昭和学院、女王・桜花学園に雪辱で4強 猛追されるも「苦しい時間も強い気持ちで」

桜花学園に猛追される展開も、最後は「強い気持ちで攻められた」

 昭和学院にとっては、勝てそうな雰囲気から、女王の意地を見せつけられる展開。それでも、星は「焦る時間帯でも、ちゃんとコントロールできた。苦しい時間帯も『やられても、攻撃でしっかり点を取ればプラスマイナスゼロ』と強い気持ちで自分から攻めることができた」と話した。

 夏の対戦時に課題となったリバウンドは、大竹優香子(3年)らが奮闘。6本のスティールを決めた西江瑠加也ワリペ(2年)がルーズボールもよく拾い、相手ペースになるのを阻んだ。終盤は、残り1分7秒からの攻撃で、星がドライブを決めて勝利を大きく手繰り寄せた。

「時間をたくさん使っていて(ショットクロックが)残り3秒くらいになっていたけど『攻めないより攻めた方が良い』と強い気持ちでいられたので、一番得意なドライブで行けた」という、プレッシャーに負けない姿勢が奏功した。しかし、桜花学園も岡本が残り7秒で3ポイントシュートに成功。西江は「ヤバッ!と思った。競った試合は、本当にブザーが鳴るまで分からないなと思わされた」と冷や汗をかいたシーンを振り返った。

 27日の準決勝では、前回女王の大阪桐蔭を破っている大阪薫英女学院(大阪)と対戦。勝てば、1987年以来となる31年ぶりの優勝が見えてくる。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集