[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

昭和学院、女王・桜花学園に雪辱で4強 猛追されるも「苦しい時間も強い気持ちで」

1点差に泣いた夏の悔しさを晴らした。ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は、26日に第4日を行い、女子の昭和学院(千葉)は75-73で桜花学園(愛知・インターハイ優勝)を破って準決勝に進出した。

昭和学院が桜花学園を撃破【写真:平野貴也】
昭和学院が桜花学園を撃破【写真:平野貴也】

ウインターカップ準々決勝、昭和学院が2点差で夏の女王破る

 1点差に泣いた夏の悔しさを晴らした。ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は、26日に第4日を行い、女子の昭和学院(千葉)は75-73で桜花学園(愛知・インターハイ優勝)を破って準決勝に進出した。

 両チームは、夏のインターハイでも対戦。1点差で敗れて涙をのんだ昭和学院が、雪辱を果たした。桜花学園は、最多21度の優勝を誇る常勝軍団。モハメド早野夏(3年)と伊森可琳(3年)という2人の主力を負傷で欠いているが、それでも優勝候補の筆頭だ。鈴木親光監督は「夏は、相手から少し逃げている部分もあったけど、今日は選手が一生懸命に戦ったので、その結果が良い方向に転がったかなと思う」と臆することなく立ち向かって勝利をつかんだ選手を称えた。

 桜花学園は、185センチの長身留学生オコンクウォ・スーザン・アマカ(1年)がセンターを務めたが、昭和学院は三田七南(1年)が果敢にゴール下でアタックを仕掛けた。「相手をかわすのではなく(相手の)ファウルをもらえるように行こうと思った」という狙いが実り、前半の終わり頃には、オコンクウォを3ファウルに追い込んだ。

 第1ピリオド、第2ピリオドとわずかながらに先行。第3ピリオドに入ると10点差までリードを広げた。しかし、鈴木監督が「あの場面から、もう少し点を取りたかったが、取り切れずにトントンで行ってしまったので、第3ピリオドのような展開になるのは分かっていた」と話したとおり、女王はただでは引き下がらず、すぐさま守備でリズムを作って逆襲。1点差まで追い上げて第4ピリオドに突入した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集