[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐光学園が“エリート&雑草”の競演弾で全国切符

敷野「アイツが戻って来ると、悔しいけどチーム力は上がる」

 西川と敷野は、エリートと雑草の組み合わせと言えるが、ともにチームに欠かせない存在だ。敷野は「自分はドリブルとか得意じゃないから、極端に言えば、突破までやってもらってパスを待てば良い。逆に、前で体を張れる選手は、あまりいない。そこは、自分がやれたら良い」と話す。一方、西川は浮いたボールを競り合いながら処理するプレーや守備面を課題にしており「敷野君の存在は、結構大きい。やりやすいし、心強い」と、自身の苦手分野を得意とする先輩との組みやすさを話した。ピッチに立てば、肩書きもキャリアも関係ない。敷野は、西川との対照的な歩みの対比を意識していない。ただ「潤が(代表活動で)いないとチーム力が落ちるというのは、一番言われたくない。でも、アイツが戻って来ると、悔しいけどチーム力は上がる」と笑い、純粋に先輩として、同じFWとして持つ意地を垣間見せた。

 試合は、後半に三浦学苑に押し込まれたが、しのいでダメ押し点を奪って勝利。11度目の挑戦権を得た。敷野は「夏のインターハイは、準優勝。負けて終わったのだから、自分たちは挑戦者として臨む」と冬の大舞台に目を向けた。全国大会でも、2人は互いの特徴を生かし、また補完しながら、チームの得点源として活躍するに違いない。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集