[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「高校サッカーに未練はない」 負傷離脱の神村学園主将・抜水昂太が母に明かした思い

第100回全国高校サッカー選手権は31日、等々力陸上競技場で2回戦が行われ、第2試合では神村学園(鹿児島)が帝京長岡(新潟)に2-3で惜敗。大会注目の2年生FW福田師王やJ3のFC今治加入が内定しているMF佐藤璃樹(3年)などを擁する九州のタレント集団だったが、初戦で姿を消した。そんなチームを牽引していたのは、ベンチ入りしながらも大怪我でプレーできなかった主将・抜水昂太(3年)だった。

ベンチから戦況を見つめる神村学園の抜水昂太【写真:和田秀太郎】
ベンチから戦況を見つめる神村学園の抜水昂太【写真:和田秀太郎】

強豪校同士の一戦 神村学園が2-3で初戦敗退

 第100回全国高校サッカー選手権は31日、等々力陸上競技場で2回戦が行われ、第2試合では神村学園(鹿児島)が帝京長岡(新潟)に2-3で惜敗。大会注目の2年生FW福田師王やJ3のFC今治加入が内定しているMF佐藤璃樹(3年)などを擁する九州のタレント集団だったが、初戦で姿を消した。そんなチームを牽引していたのは、ベンチ入りしながらも大怪我でプレーできなかった主将・抜水昂太(3年)だった。

 5年連続で鹿児島を制した神村学園が初戦で散った。前半に2失点。後半に入って1点を返すも1-3とされ、同36分に佐藤のゴールで最後まで粘りを見せたが、2年連続で選手権4強の強豪の壁は高かった。試合中には逆転を信じたリザーブのメンバーがベンチ裏でアップ。しかし、動かず試合をじっと見つめる主将の姿があった。チームが失点をしても表情を変えず、勝利を信じ、仲間を鼓舞していた。

 3年生DF抜水は、県大会直前で右膝前十字じん帯を断裂。手術を受け、チームをサポートする立場に回った。この決断をした時、「全国の舞台に立てないのは残念だけど、高校サッカーに未練は残ってない。日々やり切ったから心残りはない」と家族に話したという。当時本人より落ち込んでいた母・知世さんは、その言葉を聞けて「家族もそれで前を向けた」と振り返る。「息子が作ってきたチームだと思っている。彼の気持ちを受けて、みんなが戦ってくれることが昂太への想いだと思う」と自慢の息子に胸を張った。

 有村圭一郎監督も「このチームは彼が1年間まとめて作ってくれたチーム。最後勝ちきることはできなかったが、彼が先頭に立ってよくやってくれた」と、中学から同校でプレーした背番号7を労った。代理でゲームキャプテンを務め、中学から抜水と共に戦ったMF畠中健心(3年)は「怪我をしていない時は常に先頭に立って、声をかけたり走ったりして、チームを引っ張っていたので、自分も声掛けや誰よりも走ることを意識していた」と語り、仲間への想いをプレーで示そうとしていた。

 周囲の言葉から、その重みが分かる抜水の存在感。激闘の裏には、神村学園を支えた主将の姿もあったことを忘れてはいけない。

(THE ANSWER編集部・和田 秀太郎 / Shutaro Wada)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集