[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前橋育英、“雪辱”果たし2年ぶり選手権出場 J2長崎内定のMF笠柳「名前を轟かせたい」

第100回全国高校サッカー選手権の群馬県大会は23日に決勝戦が行われ、前橋育英が1-0で桐生第一を破り、2年ぶり24回目の全国出場を決めた。昨年度の県大会3回戦で敗れた相手への雪辱を果たした前橋育英の主将DF桑子流空(3年)は、「嬉しすぎて、ワケが分からず泣いてしまった。昨年の負けから頑張ってきて、先輩たちからも試合前にメッセージをもらった。あの悔しさは、この舞台でしか晴らせない、という思いで戦った」と、今大会に懸けてきた思いを明かした。

全国高校サッカー選手権の群馬県大会で優勝した前橋育英【写真:平野貴也】
全国高校サッカー選手権の群馬県大会で優勝した前橋育英【写真:平野貴也】

高校サッカー選手権、群馬県大会決勝で前橋育英が桐生第一に1-0勝利

 第100回全国高校サッカー選手権の群馬県大会は23日に決勝戦が行われ、前橋育英が1-0で桐生第一を破り、2年ぶり24回目の全国出場を決めた。昨年度の県大会3回戦で敗れた相手への雪辱を果たした前橋育英の主将DF桑子流空(3年)は、「嬉しすぎて、ワケが分からず泣いてしまった。昨年の負けから頑張ってきて、先輩たちからも試合前にメッセージをもらった。あの悔しさは、この舞台でしか晴らせない、という思いで戦った」と、今大会に懸けてきた思いを明かした。

 試合の立ち上がりは、互いに背後を狙った素早い攻撃の応酬だった。前半6分に前橋育英のMF小池直矢(2年)がボレーシュートを放てば、1分後には桐生第一の左FW関根大就(3年)がわずかにゴール右へ外れる際どいシュートを打つなど、攻め合った。そこから先にボール保持を始めたのは、桐生第一だったが、前半の給水タイムが明けると、少しずつ前橋育英のペースに移っていく。左DF岩立祥汰(3年)が攻撃参加からゴール前にパスを供給し、チャンスが増えていった。前橋育英の山田耕介監督は「サイドの守備が機能し始めて、相手が困ってきた。そこからボランチを使って攻撃を展開できるようになり、リズムが良くなった」と振り返った。

 そして後半に入ると、ほどなく前橋育英がチャンスをモノにする。後半13分、来季からJ2リーグのV・ファーレン長崎に加入するMF笠柳翼(3年)が左サイドでパスを受け、得意のドリブルを仕掛けると見せかけて、ゴール中央から右に流れたFW守屋練太郎(3年)の動きに合わせてスルーパス。守屋は、ボールコントロールから右足を振り抜いてファーサイドへシュート。勢いあまって前転した守屋は、ボールがネットを揺らしたことを確認すると、仲間が応援するスタンドに向かって一直線に走り、右腕を上げて喜んだ。

 守屋は、それまでは足下にパスを呼び込むタイプだったが、3年生になってMFからFWに転向すると同時に、オフ・ザ・ボールの動きでスペースにパスを呼び込むプレーを強化。「今は動き出しの質が自分の良いところ。シュートは狙い通り」と手応えを話した。前半は、中盤でプレーしていた昨季までの動きで、足下にボールが入ってからのドリブルで相手に脅威を与えていたが、最終学年の1年間で磨いてきた武器が、大舞台で輝いた。前半の仕掛けも「シュートを増やしたかった」と明確な意図を持ってチャレンジ。4本のシュートを打って1得点という結果だったが、「1本でも入って良かった」と笑顔を見せた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集