[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悲願の全国初優勝へ…帝京長岡救った魂の“初FK弾” FW渡辺「今年こそは優勝したい」

第100回全国高校サッカー選手権の新潟県大会は、3日に五十公野公園陸上競技場で準決勝が行われ、第2試合では帝京長岡が4-2で日本文理に逆転勝利を収めた。

第100回全国高校サッカー選手権・新潟県大会準決勝で日本文理に逆転勝利した帝京長岡【写真:平野貴也】
第100回全国高校サッカー選手権・新潟県大会準決勝で日本文理に逆転勝利した帝京長岡【写真:平野貴也】

高校選手権・新潟県大会の準決勝、2点差をひっくり返し日本文理に4-2逆転勝利

 第100回全国高校サッカー選手権の新潟県大会は、3日に五十公野公園陸上競技場で準決勝が行われ、第2試合では帝京長岡が4-2で日本文理に逆転勝利を収めた。

 帝京長岡は2018年度大会で2度目の全国ベスト8になった後、19年度、昨年度と連続して全国ベスト4。目指しているのは、初の日本一だ。古沢徹監督は「次に進めて、ホッとしている。今季は失点はする。1、2点取られても動じず、3点、4点取るつもりでやろうという形でやってきている。(準々決勝の新潟西戦に続く逆転勝利で)逆境にも強くなってきた。徐々にウチらしさ、粘り強さが出てきたかなと思う。ただ、ビハインドを負って良いことはないので、この反省を決勝戦に生かしていきたい」と、4日後に控える決勝戦を見据えていた。

 前半4分、前半11分と試合の立ち上がりに連続失点を喫した帝京長岡だったが、慌てずに持ち味であるコンビネーションアタックで一つずつ点を取り返していった。反撃の狼煙となったのは、前半残り3分のセットプレー。右コーナーキックをMF廣井蘭人(2年)が左足で蹴ると、中央で1人潰れて流れてきたボールをDF松本大地(3年)が押し込んで1点を返し、前半を折り返した。

 3バックから4バックに変えて、サイドを起点とした連係が改善すると、後半は帝京長岡ペースで進む。後半9分、右サイドで相手を引き付けて、オーバーラップした右DF佐々木奈琉(3年)のクロスを、途中出場のMF岡村空(2年)がヘディングで決めて同点。さらに後半18分、中央突破の連係でパスを受けたFW渡辺祐人(3年)が倒されてFKを獲得すると、その渡辺がキッカーに名乗りを上げ、目の覚めるような弾丸ライナーをゴールに突き刺して逆転に成功した。「FKを決めたのは初めて。嬉しかったです」と喜んだ。渡辺は足首の負傷を繰り返したことも影響し、試合経験がほとんどない。昨年も全国大会のメンバーには入っていたが、1試合もベンチに入れなかった。3年生で迎えた最後の舞台で台頭してきた存在だ。

 試合に出られない期間を長く過ごしてきただけに、ピッチにいない仲間への思いは強い。「自分が試合に出ているということは、他の誰かは出られていないということなので、試合に出たら点を決めないといけない。簡単には負けられない」と語る。得点となったFKについても「軌道とか特に考えていなくて。決めたかったので。気持ちです。気持ちで押し込んでやろうと思っていたので、決まって良かったです」と気持ちを強調した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集