[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2年連続の全国へ、大社が盤石4強! 2得点の“10番”持田「最高成績作りたい」

第100回全国高校サッカー選手権の島根県大会は、29日に準々決勝が行われ、松江市総合陸上競技場で行われた第2試合では大社が5-0で明誠を破り準決勝進出を決めた。後長直樹監督は「前の選手が責任を持ってプレーするようになってきた」と、無失点にしのいで勝ち切った攻撃陣を評価した。

2得点の活躍を見せた大社の10番MF持田優輝【写真:平野貴也】
2得点の活躍を見せた大社の10番MF持田優輝【写真:平野貴也】

高校選手権島根県大会の準々決勝で明誠に5-0大勝

 第100回全国高校サッカー選手権の島根県大会は、29日に準々決勝が行われ、松江市総合陸上競技場で行われた第2試合では大社が5-0で明誠を破り準決勝進出を決めた。後長直樹監督は「前の選手が責任を持ってプレーするようになってきた」と、無失点にしのいで勝ち切った攻撃陣を評価した。

 試合の立ち上がりは低い位置からショートパスをつなぐ明誠と、ハイプレスでつぶしにかかる大社という展開。明誠は自陣ペナルティーエリアでも複数の選手でショートパスをつなぐなど、徹底してプレスをかいくぐったが、低い位置のパス回しに人数がかかり、中盤より前には、なかなか進めなかった。両サイドMFが広がって相手の守備網を広げにかかったが、強風の影響でサイドチェンジが難しく、中央で構える大社が優位に立った。

 スコアが動いたのは、前半15分。大社の右MF島貫心(3年)が、低い位置からパスをつなぐ相手からボールを奪い、得意の左足でシュートを突き刺した。大社は、攻撃陣に昨季からの主力が多く残る。そのうちの1人で「昨年度(全国4強の経験を持つライバルの)、立正大淞南に勝って自信がついた」と話した島貫は、得点後にも惜しい直接FKを放つなど、存在感を示した。

 大社は先制すると前線のプレスを緩めて、中盤で牽制する展開へ移行。明誠は、最終ラインのビルドアップから縦パスを呼び込むボランチのMF河井心希(3年)が、巧みなターンで相手をかわして前進のきっかけを作って反撃。前半終了間際には、反撃から得た左CKでゴール前のチャンスを作り出した。1点差の拮抗した展開の試合だったが、大社が後半11分に島貫のFKがファーサイドへ流れたところをMF高月昂希(3年)が頭で押し込んで2点目を奪うと、流れが変わり始めた。高月は「後半は厚みを持って攻撃できて、追加点が奪えた。前半は守備が機能しなかったけど、修正できた点は良かった」と後半からの立て直しに手応えを示した。

 2点を追う展開になった明誠は、丁寧にパスをつなぎながらも、前に急ぎたいためにミスが生まれ、大社がカウンターで追加点を狙う場面が増えていった。特に背番号10をつけた左MF持田優輝(3年)のドリブル突破が効果的だった。後半23分、持田がドリブルで得たPKを自ら決めて3点目。同31分には右サイドで相手をかわして切り返した持田のクロスを島貫が頭で合わせて4点目。さらに同35分、持田が左サイドの突破からシュートを決めて5点目と反撃に焦る相手から次々にゴールを奪った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集